ライフ

ストーカー加害者の根底にある、強い「被害者意識」…三鷹ストーカー殺人事件犯人の言葉から読み解く

【この記事のキーワード】
Photo by ta@keshi kimi from Flickr

Photo by ta@keshi kimi from Flickr

 5月21日土曜日の17時過ぎ、東京都小金井市のライブハウスが入る建物の敷地内で、大学生、冨田真由さん(20)が男に刃物で首や胸など20カ所以上を刺されて病院に搬送された。警視庁小金井署は傷害の疑いで京都市右京区の会社員、岩埼(いわざき)友宏容疑者(27)を現行犯逮捕。のち23日には、殺人未遂と銃刀法違反に容疑を切り替えて送検した。

 事件発生当時の第一報では各新聞社が冨田さんについて『アイドル活動をしていた女子大生』と報じている。そのため、地下アイドルに過剰な愛情を抱いたファンが起こした事件であるかのように騒がれたが、実際には冨田さんは当時、シンガーソングライターとして活動しており、アイドルではなかった。

 また冨田さんは事件前、警視庁に、岩埼容疑者からブログやSNSで執拗に書き込みをされていることを相談していた。実際に岩埼容疑者のものと思われるツイッターアカウントやブログでは、日々、冨田さんへの恨み言が書き連ねられている。明らかにこれは、ストーカーが起こした刺傷事件だ。「アイドルとファンの間のトラブル」という話ではない。むしろ第一報には、受け手が「アイドルとファンの間のトラブル」だと認識してほしいような警察の意図も感じるが、この話はまた別の機会に譲りたい。

三鷹ストーカー殺人事件の被告はどうか

 人がストーカー化する経緯にはいろいろあり、元々交際していた相手に振られてストーカーになったパターンや、そもそも友達ですらないのに、相手が勝手に勘違いを重ねて最終的にストーカーになったパターンなどがある。ストーカー規制法は、1999年に発生した桶川ストーカー殺人事件がきっかけとなり制定され、当時第2条で定義されている「つきまとい等」については、<待ち伏せ、見張り、家への押し掛け、電話、ファクス>……などが該当するとされていた。しかし2012年11月に発生した逗子ストーカー殺人事件を受け、電子メールもその定義に加えるよう、初の法改正がなされた。今回冨田さんが悩んでいた岩埼容疑者によるSNSやブログでの書き込みは、現在の同法では「つきまとい等」に定義されていないが、これでは時代遅れの使えない法律である。ツールの変化に応じて随時、法もアップデートする必要があるといえるだろう。また本件について警視庁は「切迫性はないと判断していた」と発表しており、これについても問題はあるだろう。

 さて、ストーカーがその対象に寄せる強い愛憎は、当人以外にはなかなか理解しがたいものがある。しかし何かをきっかけにして、愛情に憎しみが加わり、その憎しみが増幅していく。本件が発生した東京・多摩地域では2013年10月にもストーカーによる殺人事件が発生している。今回はその「三鷹ストーカー殺人事件」公判での加害者の言い分を紹介したい。

1 2 3

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

「ストーカー」は何を考えているか (新潮新書)