カルチャー

【エロメン☆タイム】フラれたはずの有馬芳彦に告白されて…お嬢様気分で味わう“執事プレイ”に興奮

【この記事のキーワード】

【前編:執事・有馬芳彦に告白→玉砕の後、婚約者の友人・一徹に無理矢理迫られるというハプニング!!

 お嬢様・美香と執事である有馬芳彦との恋愛模様が描かれている『パラレルキス 佐野修』。前回は、美香が成瀬(一徹)に襲われていた現場を佐野が目撃し、「あなたはバカなんですか! 人に心配させるようなことばかりして……」と美香をビンタして終了。

 「あんたに関係ないでしょ!」と言う美香に、佐野は「……関係あります」と何やら意味深な面持ち。「いまの人は大丈夫よ、勅使河原さんの友達だし、3Pするような関係みたいだし」とサラッと爆弾発言する美香。すると佐野は「お父様の部下としてではなく、私個人として嫌なんです」と、美香の告白を断った時と態度が一変!

 美香は驚きつつも、「今更何言ってんの?」「私のことどうでもいいんでしょ。だったらほっといてよ!」と突っぱねますが、佐野は美香をギュッと抱きしめ……。

av0528

佐野ーーー!!

「ほっとけないです、私はずっと美香さんのことが好きでした」
「だから告白を受けた時、本当に嬉しかった」
「でも、例え美香さんが僕に心を寄せてくれていたとしても、幸せになんかなれない。だから身を引くのが一番だと思ったんです」
「でも、美香さんが勅使河原さんや他の男に触られている姿を黙って見ていられなくて……私は美香さんが好きです。もう偽れないです」

 思わぬきっかけから、佐野の本心を知った美香は「私、ずっと意地張ってたの。佐野に失恋したと思って、ヤケクソになって」と素直になります。

 「美香さん」「佐野……」と呼びかけ合った後、美香が「キスして」。「いいんですか」「うん」のやりとりを経て、2人はゆっくりとキス。そして次第に激しいキスへ。

av052803

ジュワッ

av052802

ここからがイイんです!

 寝室に移動し、キスを続ける2人。「脱がせてもいいですか?」と聞いてから脱がせたり、肌があらわになった美香を見て「キレイです」と言いながらキス。さらに胸への愛撫を経てクンニする前に「舐めていいですか?」と問いかける佐野……敬語最高。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

できる人は、ここまでやっている! 一生使える「敬語の基本」が身につく本