ゴシップ

それでいいのか、華原朋美。「男に尽くしたいからパンツを履かせる」、田中みな実に「良い子ぶってんの!?」と激怒

【この記事のキーワード】
華原朋美Instagramより

華原朋美Instagramより

 華原朋美(41)は「物語性のある歌手」だ。プロデューサーでもあり、恋人でもあった小室哲哉(57)との破局をきっかけに、1999年に最初の芸能界休業に追い込まれた。以降、精神的に不安定となり、薬物中毒報道や自殺未遂騒動もあるなかで休業と復帰を繰り返すこととなる。ようやく視聴者に「朋ちゃんが帰ってきた」との印象を与えたのはおそらく、2012年12月に『FNS歌謡祭 2012』(フジテレビ系)の生放送に出演し、歌唱力の衰えを見せず大ヒット曲「I’m proud」を歌いあげたことであろう。00年の6月に乗馬クラブで復帰会見を行ったものの目がうつろで全然大丈夫じゃなさそうだったのとは違い、FNSでの華原の目はとても力強かった。もう大丈夫だ、と見る者に安心感を与えるほどに。あの日から、どのチャンネルをまわしても華原の顔をよく見かけるようになった。ただし、かつてのように歌番組での露出が多いわけではない。新曲リリースの告知を兼ねていることもわかるが、その多くがバラエティ番組で、“華原朋美”というキャラクターで素っ頓狂な発言をすることを期待されている。

 小室プロデュースで超売れっ子だった当時から、もともと華原は天然不思議ちゃんキャラだった。テレビであろうがおかまいなしに、見ているほうが恥ずかしくなるほど、小室にデレデレでブリブリな態度を隠そうとしなかったことも印象に残っている。そんな華原のキャラをバラエティ向きだと思う番組ディレクターも多いのだろう。現在では2015年3月からレギュラーの『PON!』(日本テレビ系)をはじめ、数々のバラエティ番組で彼女の顔を見ることができる。

 5月27日放送の『幸せ追求バラエティ金曜日の聞きたい女たち』(フジテレビ系)では、特にそのキャラが暴走していた。同番組は「イケてる男に聞きたい! 私が失恋した理由」というテーマで進行し、華原の他にはダレノガレ明美(25)や熊切あさ美(35)など“ワケありの女たち”が過去の恋愛失敗エピソードを語った。華原はここで30代の頃に同棲していた彼氏とのエピソードを披露したのだが、その内容が衝撃的だった。

 華原いわく、交際した日を『記念日』として、“毎月”必ず祝わなければならないらしい。華原の告白をもとに作られた再現VTRでは、その『月記念日』に彼氏が「上司に食事に誘われたから今日は遅くなる」と華原に電話をかけていた。お祝い料理をせっせと拵えていた華原は「忘れちゃったのね」と暗いトーンで電話を切る。焦った彼氏が上司との食事をキャンセルして同棲中の部屋に戻ると、電気もつけない暗い部屋にひとり座る華原の姿が。部屋の中は「交際二カ月」を祝う風船などのデコレーションでいっぱいだった。え、交際二カ月って……これは彼氏のほうも、まさか華原が本気で毎月『記念日』を祝うつもりでいるとは思っていなかったのではないか? なにしろこれは初めての男女交際に浮かれるティーンエイジの話ではない。繰り返すが華原が30代の頃の“実話”である(もちろん本人が盛って話した可能性もあるし、番組スタッフが脚色しているかもしれないが)。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

THE GREATEST HITS-小室哲哉作品集 S-