カラダ・美容

「女性が大好きゆえに、ワクチンを打ちました」ラブフェミ男子と学ぶ子宮頸がん・前編

【この記事のキーワード】
HPV01

男性からウィルスをうつさないために… Photo by Soumya Ranjan Behera from Flickr

「まだ若いし、毎日元気そのもの!」と思っている(思い込んでいる?)messy読者のみなさんにとってはきっと、「病気なんて無縁なもの」。でもその考えって、大間違い! 1度でもセックスの経験があれば、とても身近な存在になってしまう、女性特有のがんが存在するのです。

 それが「子宮頸がん」。HPV(ヒトパピローマウィルス)という、どこにでもいるありふれたウィルスが原因になるがんで、経験人数に関係なく発症します。そして現在の日本における、20~30代女性が発症するがんの第1位となっています。

 ごく初期なら子宮頸部(ポルチオともいいます)の一部にレーザーをあてて消したり、切り取る手術で治療が可能だけど、とはいえ相手は「がん」。他の臓器に広がってしまったら、妊娠はおろか生命までもが脅かされてしまうものだけに、2009年12月より、日本でもウィルスを予防するワクチンが接種できるようになりました。このワクチンは10~45歳までの女性を接種対象にしているのだけれど、実は男性でも受けることができます

 でも男性って注射ギライが多いし、そもそも自分が感染するわけじゃないし、そんなキトクな人、いるワケないよなぁ~と思っていたら。なんと実際にワクチン接種をした男性がいるという情報が編集部に届きました

 彼の名は、勝部元気さん。恋愛×女性×社会問題をテーマにしたコラムなどを執筆する、“ラブフェミ男子” です。

「体の関係のご縁のある人をがんにしたくなかったし、性別間のアンフェアを少しでも縮小して、お互いが心の底から楽しめるセックスをするために、カラダを使った投資を自分もしたかったから」

というのが接種理由だと語りますが、男性がセックスの前にチ●コを洗うだけでも、女性への感染リスクは減らせると言われています。なのになぜ、接種したのでしょう?

これからセックスする相手のために

「もちろん毎日お風呂で洗うようにはしていますが、それだけで本当に感染が防げるとは思えなかったんです。だって手洗いやうがいをしていても、風邪にかかってしまうことがあるでしょう? だから毎日チ●コをきれいにしていても、感染することは十分ありえると思っていました。ご縁のある女性のリスクを下げるためには、私もワクチンを打つことが必要だと思ったんです」

 た、確かに……。第一、毎回セックスの前に体を洗える場所にいるとは限らないし、むしろ洗わない方がイイ!って志向もフツーにありますよねえ。でも男性の場合は一体、何科に行けば接種してもらえるの?

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

はいッ!ガンの赤星です!!―子宮ガンからの痛快サバイバル日記