ゴシップ

朝ドラヒロインの面影消えた? 夏菜の鼻がアバター化して「誰?」でも「前より可愛い」!

【この記事のキーワード】
夏菜

夏菜Instagramより。めっちゃ可愛くなってる!!!!

 今期の連続ドラマで独走を続ける、松本潤の主演ドラマ『99.9―刑事専門弁護士―』(TBS系)。6月5日放送の第八話は平均視聴率18.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、終盤に向けてなお勢いが増している。その第八話にゲスト出演した女優・夏菜(27)の姿に、視聴者が「本当に夏菜!?」「誰かわからなかった」と盛り上がっている。

 第八話は、松本演じる深山が殺人事件の容疑者として冤罪に巻き込まれてしまうストーリーで、夏菜は事件の鍵となる人物を演じた。夏菜といえば一般には、2012年度下半期のNHK朝ドラ『純と愛』ヒロインのイメージが強いが、今作では笑顔のない女性。爽やかなショートカットの髪型は彼女の印象そのままなのだが……なぜか「夏菜に見えない」。

 ハネ上げたアイラインやまつ毛エクステなどアイメイクをきっちり施しているというのもあるが、何より印象を激変させているのは、その鼻筋だった。眉間からグッと太く伸びた鼻筋が『純と愛』の頃とは別人で、特に横顔が映されると顕著だ。俗に言う「アバター鼻」になってしまっている。放送中はTwitterなどで「これ誰?」と不思議がるコメントが相次ぎ、エンディングでキャスト名が流れると一気に「本当に!?」と驚きの声が溢れた。

 14歳で芸能界デビューして以降、なかなか仕事に恵まれず、2年間で100本以上のオーディションを受けては落ち続けていたという夏菜。朝ドラヒロインの座も、二回落選し、三度目の挑戦で射止めたものだった。しかし朝ドラ後には再び、当たり役に巡りあえずにいる様子だ。ただ、今年1~3月期の連ドラ『スペシャリスト』(テレビ朝日系)にもレギュラー出演していた彼女、同ドラマではこれほど鼻の違和感がなかったはずだが……。3月以降、彼女に何があったのだろうか。しかし元の顔をよく知らなければ、あるいは以前の顔にこだわらなければ、今の鼻筋はむしろ「アリ」だ。「前は好きじゃなかったけど、今は可愛い」といった好意的な反応もちらほら見られる。一度は朝ドラヒロインというビッグチャンスを掴み、やり遂げた夏菜。再び主役級の地位を手にするまで頑張ってほしい。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ