ゴシップ

ロンブー淳の新妻・香那さんの素顔を元交際相手が暴露「包丁を突きつけ心中迫られた」

【この記事のキーワード】
ロンブー淳

(『クイック・ジャパン97』太田出版)

 先日、テレビ番組で結婚を発表して大いに話題になった、ロンドンブーツ1号2号の田村淳と、「完璧な嫁」香那さん。プレイボーイで結婚願望がまったくなかったという淳の結婚で、お笑い芸人たちの間には激震が走り、ナインティナインや有吉弘行、おぎやはぎらが「あんな素敵な奥さんもらいやがって」とラジオ番組でこぞってネタにするほどだった。

 香那さんはおっとりしたお嬢様風の美女で、「何をしても怒らない菩薩様のような女性」と淳も絶賛していた。しかし、10代の頃に雑誌モデルとして芸能界デビューした過去を持つため、元交際相手や元同僚モデルなどから暴露話が飛び出してくるだろう……と危惧する向きもあり、その恐れは現実のものとなった。早速「元カレ」からの衝撃暴露が「週刊文春」(文藝春秋)に掲載されてしまったのだ。

美脚の元キャバクラ嬢

 高校時代に「ViVi」(講談社)の専属モデルオーディションに合格した香那さんだが、わずか一年で同誌からは姿を消し、その後は化粧品モデルなどの仕事をしていたという。そんな今から9年前、彼女と交際していたというスタイリストのAさんが、彼女との修羅場を告白している。

「仕事への欲や野心はあまり感じられませんでした。彼女は男についていくタイプで、普段はおとなしいし、おっとりしている。仕事柄、僕は女の子と連絡を取ることも多いのですが、文句も言いませんでした」

 と、淳との結婚VTRで見せた通りのイメージの香那さん像を語るAさんだが、一方で、「彼女はモデル仕事で食べていけず、キャバクラで働いていた」と明かしている。

 実は香那さんが六本木の某店で働いていた元キャバ嬢だという話は、結婚発表の番組放送直後からネット上の書き込みで話題になっており、すでに先週発売の「フライデー」(講談社)で、元同僚の女性が詳細を語っている。

 時期は20歳の頃で、いつもミニドレスで長い美脚を強調。週に4〜5日は出勤し、人気ナンバーワンになった月もあるという。1年ほどでその店を辞めているが、女性は「当時スタイリストの彼氏がいて、モデルの仕事がないうえ、カレの稼ぎもあまりよくなかったので、キャバクラで働いていた。その後は神楽坂のクラブに移ったと聞いた」と話している。そのスタイリストの彼氏というのが、今回「文春」で告白をしているAさんだ。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

100万人が選んだ大絶賛おかず (レタスクラブMOOK)