ゴシップ

【占い男鑑定】公開前映画8本待機! 売れすぎ菅田将暉は「岩盤浴デートしてそう」?

【この記事のキーワード】
菅田将暉

『デスノート LNW』公式Twitterより

 短期集中連載! 注目俳優の知られざる側面を<占い>の力によって覗き込む、『男鑑定』がスタートです。今回、「ミーシャ」の慈光先生が鑑定したのは、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの若手俳優・菅田将暉さん。

菅田将暉(すだ・まさき)
1993年2月21日生まれ(23歳)
大阪府出身

 平成仮面ライダーシリーズ第11作『仮面ライダーW』にてドラマ初出演・初主演を飾って以降、ほぼ映画にドラマに出ずっぱりと言っていい活躍を見せている菅田さん。冒頭から過激な濡れ場シーンもりだくさんの主演映画『共喰い』では、自らの暴力性に怯える少年を演じ、第37回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しています。23歳の若さですが「安心して任せられる役者」として演出家からの評価は高く、今年から来年にかけてはなんと、8本もの出演映画が公開を待っています。うち4本は主演作というから売れっ子ぶりにはびっくり! 月9ドラマ『ラヴソング』(フジテレビ系)では最終回に歌声も披露していますが、あまりの巧さに「何をやらせてもイケる」と視聴者から驚きの声が上がりました。

 プライベートでは「ドスケベ」だと公言している菅田さん。二階堂ふみさんとの深夜デートがフライデーされ、熱愛発覚かと騒動になりましたが、二階堂さんとはあくまでも「友人」であり、恋人ではないとのこと。ちなみに菅田さんの好みのタイプは、「明るくて好奇心旺盛、一緒に居て落ち着けるような人」で、見た目では「鼻が高く彫りの深い顔が好き」とのこと。

 ではそんな菅田さんの“見えないところ”を鑑定していきましょう。まず性の傾向ですが……

慈光先生「独特の色気を感じさせる菅田さん。意外かもしれませんが、性的にはノーマル、ごく普通です。時には卑猥な妄想に浸ることもありますが、実際には優しく、女性への配慮を優先します。ただキス好きな彼ですから、情熱的なキスから始まり、最後は優しいキスで終わるという感じですね。キスの回数は多いでしょう」

 キ、キス好きなんですね!? こっちの卑猥な妄想も捗る~~~。バラエティでのトークで「汗でビショビショになって目覚めるのが大好き」なんて発言していたこともありますが、エッチも汗だくを好むタイプなんでしょうか?

慈光先生「汗をかくこと自体が好きで『発汗=代謝』と捉えていますので、身体の燃焼作用により体内に溜まっている老廃物が発汗により体外に排出されるようで、気持ちがいいんでしょうね。汗をかいた後のシャワーの気持ちよさが何とも言えないようです。ミステリアスな性格の彼の中では、ちょっとした汚れを落とすより、ドロドロに汚れたものを洗った方が満足感が大きいのと同じようですが、性的には特に汗だくを好むタイプではないようです」

 岩盤浴デートしてそうですね! ちなみに菅田さんは三人兄弟の長男で、男だらけの家で育ったそうです。恋愛傾向や女性観は家族構成・育った環境によって左右される部分も大きいですが、そうした男性に特有の恋愛傾向ってあるんでしょうか?

慈光先生「女性は母親だけという環境で育ったため、女性には優しいですね。ただ、恋愛となるとまず『顔や外見』など見た目に惹かれることが多いようです。好きになった相手にはウジウジせず、速攻アタックするタイプですね。他方、自分の中に好きになった相手の理想像を確立させてしまい、自分の理想と違うことがあった場合、『思っていた相手とは違う』と気持ちが冷めてしまい、理想の人を探す傾向にあるようです」

 ああ~、生身の女性と、イメージする女性の乖離についていけないってことですかね……。確かに菅田さん、もともとは「男女の友情は成立しない」派だったそう。しかし先日出演したバラエティ番組では、「(噂になった)二階堂ふみさんとは、友情が成立している」と話しており、今は女友達も増えつつある? 生身の女性との交流を深める中で、より良い大人の男に成長してほしいものですね。菅田さんのいっそうの活躍に期待しています!

「ミーシャ」

<今回の鑑定士>
慈光(じこう)先生
得意分野:縁結び・ヒーリング・波動修正・前世・除霊・仕事・金運・健康・学業・家庭問題
紹介コメント:特定の人を愛さずにはいられない愛波動という術を使います。相手の方にこの術をかけると繰り返し強力に惹きつけ続ける効果があります。お客様より即効性があるとの反響が後を絶たない実力派です。
鑑定料金:20分8,000円、以降1分400円(税込)

※当コンテンツはインフォメーションです。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

セトウツミ 1【期間限定 無料お試し版】 (少年チャンピオン・コミックス) 菅田将暉 アーティストブック 『 20+1 』 J Movie Magazine(ジェイムービーマガジン) Vol.12 (パーフェクト・メモワール) SODA 2016年7月号