ライフ

「再婚相手は見つかった?」発言は、礼儀の問題ではなく単純にセクハラだということを、党首も誰も指摘しなかった

【この記事のキーワード】
古市憲寿twitterより

古市憲寿twitterより

 6月19日に行われた「ネット党首討論」で司会者として登壇していた古市憲寿氏が、「生活の党と山本太郎となかまたち」の代表・小沢一郎氏に投げかけた「再婚相手は見つかったんですか?」という質問がいま話題になっています。

 既にネットでは多数のバッシング記事やSNSでの言及が出てきていますが、改めて経緯と問題点をまとめたいと思います。

 冒頭の質問に対し小沢氏はいらだちを抑えつつ「今日のテーマと関係あるのか」と返答します。その後、古市氏は、スタッフに手渡された手紙を見ながら「読んだほうがいいですか? 小沢代表に対し、失礼な発言をしました。撤回して心よりお詫び申し上げます」と謝罪(?)し、その後、「マニフェストからは見えない、人格を見ることに意味がある。聞き方は失礼だったかもしれない」と続けます。

 この態度は誰からみても謝罪といえるものではありません。当然小沢氏が納得するはずもなく、「それはあなたがたの釈明ではない。党首討論と関係ないことをいうなんておかしい。お詫びをするならきちんとしなさい」と叱責しました。

 古市氏はネット討論終了後、ハフィントンポスト日本版の取材に対し「馬鹿にする意図はない。小沢氏の発言が少なかったこと、近況を知りたかったこともあり、あのような質問をした。各党首の人柄を浮かび上がらせたいという意図があった。小沢氏だけでなく他の党首にも同様の質問をしたかった。それができなかった。反省してる」と答えています。

 筆者は、古市氏の発言を聞いたとき「これはセクハラではないのか」と思いました。セクハラというと、男性が若い女性に対して行うもの、というイメージが強くあります。しかし広義のセクハラは「性的嫌がらせ」を意味するもので、年齢や性別は関係ありません。男性が高齢の女性に対して「性的嫌がらせ」を行えば当然セクハラですし、女性が男性に、あるいは同性間で行われるものも問題視されるべきです。

 今回は若い男性(古市氏)が、高齢の男性(小沢氏)に対して、非常にプライベートな話題(再婚)を、ふさわしくない場(党首討論)で行ったわけで、嫌がらせに他ならないものだと私は考えます。「再婚相手は見つかったのか?」という質問は、よっぽど親密な関係でない限り、ふさわしい場などないとも思いますが。古市氏は「人柄を浮かびあがらせたかった」と発言していますが、人柄をみたかったのであれば他の質問はいくらでもあったはずです。「政治家の人柄を見るために、セクハラをしてもいい」というのはまかり通らないでしょう。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

部長、その恋愛はセクハラです! (集英社新書)