連載

不倫した母について来てしまった息子の苦悩と大きな傷…大暴れトピ主、小町に現る

【この記事のキーワード】
Photo by tacit requiem (joanneQEscober ) from Flickr

Photo by tacit requiem (joanneQEscober ) from Flickr

 不倫ゴシップが出ると気になるのは、当事者らに子供がいる場合の彼らの今後である。先日騒がれた乙武洋匡氏(40)の5股不倫からの別居報道でも、三人の子がおり長男はもう小学生。父親がどういうことをしたのか、うっすらわかってしまうだろう。小町では最近、とある不倫からの子連れ離婚トピが異様に盛り上がっているので今回それを紹介したい。

「離婚して以来小6の息子の様子がおかしい」

 びっくり12000超えというところである程度覚悟は決まるが、確かにここ最近の小町にないびっくり度の高い話である。

 トピ主(女性・年齢不明)は自分の浮気から6月初旬に離婚となり、「ある男性」「男性の娘(大学生)」そして「トピ主」「元夫との間の息子(小6)」、の4人で新生活を始めた。この男性(Aとする)は離婚のきっかけとなった浮気相手ではなく、その男とは浮気がバレた瞬間に「けじめとして」別れたという。Aさんはトピ主が以前より通っていたジムのトレーナーで、離婚が決定する1年間の間、親身になってトピ主の相談に乗ってくれていた男性だ。……あれ、でも、離婚成立と同時にAさんと一緒に生活しているということは、離婚が成立していないのにすでにAさんと付き合っていたということか……。

「引っ越し初日、初めて新しい家族を見た息子は呆然とし、その様子が心配だったのでその日の夜に息子と話し合いをしたところ、息子がこれまでに無いほど取り乱し、以下のことを訴えて」きたのだという。その訴えとは、

・なぜ離婚理由がトピ主の浮気であることを隠していたのか。子供だから分からないとでも思ったのか。
・何故引っ越し後に彼らと暮らすことを隠していたのか。サプライズで喜ぶとでも思ったのか。
・それらを知っていたなら、自分は父に向かってトピ主と暮らすなどと言ったりしなかった。トピ主が毎日泣いていたし、自分がいなければ引っ越し後は一人ぼっちになって可哀想だと思ったからトピ主について来ただけだ。
・父の引越し先か電話番号を教えて。自分と父が会うことはトピ主が決めることではない。

 息子はこういったことを「幼稚園児のように床に転がり泣き叫びながら言った」ので、トピ主はこう返した。

・離婚理由を隠していたわけではなく、大人の話し合いに参加させられなかっただけ。
・息子は繊細なところがあるので、引越前に彼らと暮らすことを伝えてストレスを与えたくなかった。
・もうすぐ中学生になるのだから、私と暮らすと言った自分の言葉に責任を持ちなさい。
・もう今更どうしようもないことに癇癪を起こし、床に寝そべってわがままを言うのは小さい子供のすること。

 うん、すでにヤバい臭いがプンプンする。繊細な息子にこのサプライズはキツすぎると思うんだが。

 トピ文で相談は終わらず、トピ主レスでの投稿が続く。息子が眠った後、Aさんとその娘に「全ての事情を正直に話しました」って、何も話してなかったの!? すると彼らは、以下のことをトピ主に告げた。

・離婚の原因がトピ主の浮気であることを僕らに黙っていたこと、息子が彼らとの新生活に引越前から納得していると嘘をついていたことは僕らと息子へと大きな裏切り。
・しかしトピ主の話を鵜呑みにしていた僕らにも責任がある。
・嘘をついていたからってトピ主母子を追い出したりはしない。娘は大学で児童心理学を学んでいるし、娘は新姉というより身近なカウンセラーとして、僕は新父親としてではなく頼りにし信頼していい大人として、トピ主の息子の心のケアに全力で協力したい。
・トピ主も自己弁護より息子の気持ちを最優先しなさい。
・この先トピ主の話を簡単に信じることはしないが文句は言わないように。

1 2 3

ブログウォッチャー京子

1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

育てにくい男の子 ママのせいではありません