連載

バイブコレクターが膣内ヒーリングジュエリー「ジェムリンガ」を試した!

【この記事のキーワード】
momoco151a

これが噂のジェムリンガ。

 messyの人気連載「スピリチュアル百鬼夜行」を執筆されている山田ノジルさんから、連絡をいただきました。

「ジェムリンガを試してみませんか?」

 ……知っていますとも、ジェムリンガ! 初めて知ったのは、4年前ぐらい前のこと。膣にパワーストーンを入れる……「それって何の意味があるの?」というぐらいの感想でした。私のなかで膣に何かを挿れるとしたら、その目的は3つ。

 ・生理のときに使うタンポン
 ・気持ちよくなるためのもの(ラブグッズとかペニスとか指とか)
 ・骨盤底筋トレーニングのための膣トレグッズ

です。聞くかぎり、ジェムリンガはそのどれにも相当しません。それ以外を挿れる意味って……? ノジルさんのコラムも読みました。

- 膣にパワーストーンを挿入!? 「ジェムリンガ」でのヒーリングがハードコアすぎる
- 膣から電圧発生、女に理屈はいらない…「ジェムリンガ」がますますヒドい

 何、この闇! 「女性であることを思い出し、その与えられた性を知りなおすためのきっかけ」として膣にパワーストーンを挿れるとか、膣から電圧が出てるとか、「男性はジェムリンガで活性化した女性器から、パワーをもらう」とか……私の想像をはるかに上回る混沌とした世界に、おののきました。

 そもそも私は、パワーストーンなどについてまったく理解のない、スピリチュアル音痴。ブレスレット的なものを見て、カラフルで丸っこい石がツルツル、キラキラしている様子を「きれいだな」とは思います。が、それ以上の意味は感じません。ナントカ運が上がったとしても、それは石を身につけることがきっかけとなり、モノの見方や心がけが変わったから。結果として何らかの変化につながったのなら、それはあくまでその人の力。石の力ではない、というのが私の考えです。

「膣に挿れるモノ」としてのジェムリンガ

 そんな私に「ジェムリンガを試してみませんか?」ときたわけです。これまで私は、コレを挿れたらこんな快感(もしくは不快感)がある、というモノと感覚の因果関係に注意を傾けながら、250本超のバイブを試してきました。スピリチュアル云々はさておき、純粋に“膣に挿れるモノ”としてジェムリンガを考えてみたい……ということで、ノジルさんからのオーダー、受けさせていただきます!

 手元に届いたジェムリンガ。淡い色合いのストーンが上品といえば上品です。使用されているストーンは、以下のとおり。

 ・ブルートルマリンルチルクォーツ 12mm
 ・レッドカーネリアン 12mm
 ・ローズクォーツ 14mm

 効能を調べてみようと思ったのですが、ググッてみても「ルチルクォーツ」というのは出てきても「ブルートルマリンルチルクォーツ」はほとんどヒットするものがなかったりして、スピ音痴の私には難解すぎ。詳しい人がいたら、これらの石、もしくは組み合わせで謳われている効能を教えてください。

1 2 3

山田ノジル

自然派、エコ、オーガニック、ホリスティック、○○セラピー、お話会。だいたいそんな感じのキーワード周辺に漂う、科学的根拠のないトンデモ健康法をウォッチング中。当サイトmessyの連載「スピリチュアル百鬼夜行」を元にした書籍を、来春発行予定。

twitter:@YamadaNojiru

Facebook

桃子

オトナのオモチャ約200種を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。

@_momoco_

Facebook

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

パワーストーンの小さな事典 ―心と身体の健康をかなえる17の石のお話