連載

「うつで通院」は人に話しにくい…。だから、お祓いで済ませたかったけど

【この記事のキーワード】
大和彩

病気なりに、健康に暮らす。

プロジェクトYSJ 出張報告書【7】

 先日発足した「プロジェクトYSJ(夢子に精神科を受診させる)」の続きですうつ。これまでの報告については、こちらをご覧いただきたいうつ。

 古代ギリシャの時代から医学書に載っている「ヒステリー」とは、耳が聞こえなくなったり、目が見えなくなったり、痛みの感覚が抜けたり、意識がもうろうとしたり、といった症状が出る病気(いまは別の病名)うつ。現代では心に受けたストレスが原因でなるとわかっているけれど、当時は原因や有効な治療法はわからなかったんだうつ。(※)

 治療法がないばかりに、ヒステリーになっていろんな症状に苦しむ人は悪臭をかがされたり、催眠術をかけられたりしたうつ。最悪、魔女だとみなされて火あぶりになった歴史まであるんだうつ。(※)

 けど19世紀の終わりに、フロイトが心のわだかまりを吐き出させて治療する「精神分析」という方法を生みだしたんだうつ。精神分析は、いまでいうカウンセリングだうつ。いまでも心が原因の病気の治療は、フロイトの研究が基礎になっている部分がいっぱいあるんだうつ。(※)

うつりん「というわけで、よかったうつね、夢子。シャルコー先生やフロイト先生のおかげで、夢子は悪臭かがされたり、催眠術かけられたり、火あぶりにならなくて済むうつよ! さっさと病院へ行って治療を受けるうつ!」

夢子「うーん、けど、それっておフランスとかの外国の話しなんでしょ? 私は近場でお祓いとか受けて済ませられないかなぁ?」

うつりん「そうだったうつ。夢子は中身がおばあちゃんだったうつ……

1 2

大和彩

米国の大学と美大を卒業後、日本で会社員に。しかし会社の倒産やリストラなどで次々職を失い貧困に陥いる。その状況をリアルタイムで発信したブログがきっかけとなり2013年6月より「messy」にて執筆活動を始める。著書『失職女子。 ~私がリストラされてから、生活保護を受給するまで(WAVE出版)』。現在はうつ、子宮内膜症、腫瘍、腰痛など闘病中。好きな食べ物は、熱いお茶。

『失職女子。 ~私がリストラされてから、生活保護を受給するまで(WAVE出版)』

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

呪いが解けちゃう! すごい「お清め」プレミアム