連載

連れ子虐待の男「主夫として家事をこなし、元妻の連れ子をしつけていた」という主張

【この記事のキーワード】
育てられなかった親たち

Photo by Tom Reynolds from Flickr

 当時の妻の連れ子、村山由衣翔(ゆいと)くん(14=当時)に暴力をふるい、自殺に追い込んだとして傷害、自殺教唆の罪に問われていた村山彰(41=逮捕時)。2014年7月30日朝、首を吊って亡くなっている由衣翔くんを、村山の元妻であり由衣翔くんの実母であるAさんが発見した。村山の暴力によって顔に痣ができ、学校を休まされるようになったのが同年6月。だが、それまでも由衣翔くんは村山から暴力を受けていたという。Aさんは前回公判に証人出廷し、村山や由衣翔くん、そして村山との間に産まれた次男の4人暮らしの様子を詳しく語った(これまでの記事の通り)。

■【西東京連れ子虐待・自殺教唆1】「24時間以内に自殺しろ」妻の連れ子を自殺に追い込んだ男
■【西東京連れ子虐待・自殺教唆2】右目を腫らして登校、周囲の大人は義父の虐待に気付いていた
■【西東京連れ子虐待・自殺教唆3】「結婚当初から暴力はあった」再婚夫から息子への虐待を実母はどう見ていたか
■【西東京連れ子虐待・自殺教唆4】殴る蹴る、排泄制限、女装強要…再婚夫から息子への虐待を知りながら、離婚を拒否したのはなぜか

 2015年7月17日に行われた被告人質問で、村山は自分の主張を存分に語り尽くしたが、それは前回のAさんの話とはかみ合わない点も多々見られた。保身のためのウソをついているのは村山か、Aさんか。あるいはどちらも、真実を話してはいないのか。

「過保護でずぼらな妻・弱い息子」への不満を語る被告

 弁護側からの被告人質問では冒頭から、前回のAさんへの証人尋問と同じく、村山がいかに家事育児をこなすイクメンだったかというアピールタイムが続いた。

村山「食事は(村山被告が)1日3食、家にある材料で作っていました。元妻の弁当も。卵を焼いたりウインナーを焼いたり、その日によって違いますが。由衣翔の食事も作っていました。本人、好き嫌い多かったので、咀嚼の力が少なかったので、別に由衣翔用としてマグロやサーモンなど柔らかいものを出していました」

 掃除や洗濯もやっていたと誇らしげに語り、高等主婦発言が繰り返される。また学校へ由衣翔くんのことを相談するのも村山がやっていたと主張する。

村山「中1の頃(生徒間での諍いがあった)。理由は、(由衣翔くんが)ズボンとパンツをおろされてケンカになった。暴力沙汰はいけないと教師から電話があったんですが、由衣翔自身、文句を言われる筋合いはないと主張してきたので、代弁する形で申し立てた。あとは部活(テニス部)のジャージを作るときに意見するなと言われて不満を持っていたので、不公平だと。あと体育の柔道で教師だけ靴下を履いていておかしいと不満を漏らした。(自分が異議申し立てしても教師には)言葉で負けるので、代わりに行ってほしいと由衣翔に言われて伝えた」

 Aさんの尋問で語られた村山のメール文面にもにじみ出ていた、ある種の面倒臭さを、筆者はここで感じた。そもそも由衣翔くんがこうした不満を吐露しても、学校に申し入れをしてほしいと望んでいたか、村山に「そうしてほしい」と本当に頼んだのかは不明だ。が、村山曰く、由衣翔くんとは学校の問題を相談したり話し合ったりする関係で、2013年の夏頃はテニスの試合を観に行ったり、授業参観にも行っていたという。その頃は由衣翔くんへの体罰はなく、むしろ“殴らせていた”と述べる。

弁「教えていたことは?」
村「普段の礼儀、挨拶、あと精神的に弱いのでボクシングを教えていました。妻が警察で言ってると思いますが、ミット打ちをしたり、一方的に私のことを殴らせたり、スパーリング的な感じで手を出すことはありましたが当てたりはなかった」

1 2 3 4 5

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

消えたい: 虐待された人の生き方から知る心の幸せ (単行本)