連載

クレジットカードに潜む天使と悪魔 キャッシュレス時代を生き延びる3つの「ダメ・ゼッタイ」

【この記事のキーワード】

banner500*

こんにちは。ファイナンシャルおねえさんこと、ファイナンシャルプランナーで社会保険労務士の川部紀子です。

お金のプロの間でも賛否両論さまざまな意見が飛び交うクレジットカード。使い過ぎを防ぐために「クレジットカードなんか持つな!」という考え方もありますが、私はクレジットカードを使うことを大いに賛成しています。私自身、コーヒー1杯にもクレジットカードを使っているほどのヘビーユーザーです。

というわけで今回は、初めてクレジットカードを持つ方のために「クレジットカードの超基本」を書いていきます。「だいたいのことは知ってるよ」というヘビーユーザーの方も、「生き延びるためのクレジットカード」ということで、クレジットカードとの上手な付き合い方を改めて考えていただければと思います。

本格的な「キャッシュレス時代」への準備を!

私がクレジットカードの利用を勧める理由は、いま私たちが、現金を使わない「キャッシュレス推し」にシフトする過渡期に生きているからです。

私の母親(73歳未亡人)は、日ごろから「借金が大嫌い!」「クレジットカードなんて恐ろしい!」と言っていました。そんな母は、もともと肢が不自由で歩くこと、外出することが困難でした。そのため野菜や調味料などの食料品やトイレットペーパーや洗剤といった日用品は、配達サービスを利用して購入しています。

紙のカタログから必要な商品を選んでマークシートに記入。配達に来た優しいお兄さんに渡せば、翌週にお兄さんが届けてくれる仕組みです。てっきり支払いもお兄さんに現金で手渡しするものだと私は思っていたのですが、このサービスを何年も利用している母になんとなく話を聞いてみたら、どうやら現金払いではなく口座から引き落とされているようでした。「そうだったのか~」ともう少し詳しく話を聞いてみたら、なんと母の財布からクレジットカードが出てきたではありませんか。本人が単なる会員カードだと思っていたものは、七色に輝く立派なクレジットカードだったのです。特におバカでも騙されやすいタイプでもない母ですが、いつの間にか何年間も1月分まとめてクレジットカード決済で支払いをしていたのです。

「キャッシュレス時代」とは言うものの、日本では欧米ほど日常的な買い物にクレジットカードを利用しません。私も「まだまだ現金が通用するし、クレジットカードを使おうが、現金で支払おうが個人の自由だ」と思っていました。でも、このエピソードを受けて、「どうやら日本人も今のうちにクレジットカードを受け入れて、上手に付き合っていく力を身につけないと、危険なことになるぞ……」と考え直しました。

1 2 3

川部紀子

1973年北海道生まれ。ファイナンシャルプランナー(CFP® 1級FP技能士)・社会保険労務士。大手生命保険会社のセールスレディとして8年間勤務。その間、父ががんに罹り障害者の母を残し他界。親友3人といとこも他界。自身もがんの疑いで入院。母の介護認定を機に27歳にしてバリアフリーマンションを購入。生死とお金に翻弄される20代を過ごし、生きるためのお金と知識の必要性を痛感する。保険以外の知識も広めるべくFPとして30歳で起業。後に社労士資格も取得し、現在「FP・社労士事務所川部商店」代表。お金に関するキャリアは20年を超えた。セミナーに力を入れており講師依頼は年間約200回。受講者も3万人超。テレビ、ラジオ、新聞等メディア出演も多数。

twitter:@kawabenoriko

サイト:FP・社労士事務所 川部商店 川部紀子】

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

知識ゼロでもたった3日でFP3級に受かる勉強法