連載

「韓国人夫のアソコを、義母が拭き拭き」に耐えきれず、離婚を望む日本人妻

【この記事のキーワード】
Seoul96

息子のパンツの中まで把握する母親。Photo by Brandie Heinel from Flickr

 知り合って、即結婚して、即離婚。これって「韓国男子×日本女子」の結婚でよく聞く話だ。

 福井出身のミホさん(29歳)もそのパターン。「とにかく韓国人と結婚したい」と、出会い系アプリで2歳上の韓国人男性と知り合い、彼とつき合いたくてすぐに韓国へお引越し。即交際がスタートし、半年後には入籍。それから1年経ったが、ミホさんは「今すぐにでも離婚したい」と話す。

 そもそもミホさんが韓国男子に憧れたのは、日韓恋愛系ブログの影響だとか。「ブログに出てくる韓国人の彼氏は、人前でも平気でイチャイチャしてくれたり、やさしくしてくれる印象があって、日本の男にはないストレートさに惹かれました。私の彼も、つき合っているときは嫌がらずにペアルックもしてくれたし、友だちの前でもキスしてくれたし、1日に100通ぐらいカカオトークでメッセージもくれました」

 そんな理想通りの韓国男子と結婚できたのに、どうして離婚を?

マザコンレベルが高すぎる

「最大の原因はお義母さん。息子愛が異常すぎて、近くで見ていると吐き気がするんです。そんなお義母さんをヘンに思わず、やさしく相手をする彼も異常。韓国の男ってほんとにマザコン。こんなことが一生続くかと思うとイヤでイヤで……、本気で離婚を考えています」

 韓国ママたちの息子に対する過剰な愛情表現と干渉は有名な話だ。ミホさんによると、ミホさんのお義母さんは息子が「暑い」といえば、服を脱がせて冷えたタオルで全身を丁寧に拭いてあげ(もちろん、アソコも拭き拭き)、「二日酔いだからご飯食べる気しない」といえば、おかずをひと口大にカットして「あ~~ん♡」と食べさせてあげ、「疲れた」といえば、膝枕をして頭をなでなでしながら昼寝させてあげるのだそう。

「30代にもなった息子のおち◯ち◯を母親が洗ってあげてる姿なんて、どんな顔して見てろっていうんですか! 一度や二度の話じゃないですからね。こんなことがしょっしゅう目の前で行われているんですよ。あいつら変態親子ですよ!!!!」

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

ママっ子男子とバブルママ (PHP新書)