ライフ

「誰に投票すればいいか教えて欲しい」? 私たちがいま問われている有権者のあり方

【この記事のキーワード】
(C)2015 Mythos Film Produktions GmbH & Co. KG Constantin Film Pro duktion GmbH Claussen & Wobke & Putz Filmproduktion GmbH

(C)2015 Mythos Film Produktions GmbH & Co. KG Constantin Film Pro duktion GmbH Claussen & Wobke & Putz Filmproduktion GmbH

「教えてほしい」って、そこで思考停止してどうするの!?

開いた口がふさがらないとは、こういうことだろう。

最近、謎の微熱に苦しんでいる私は、家でテレビの音をBGMにぼーっと過ごす時間がとても増えた。おかげで昼のワイドショーにはすっかり詳しくなっている。

その日の午後も、昼食の梅粥を口に運びながらぼんやりテレビを眺めていた。都知事選の特集が組まれていて、コメンテーターとして出演していた東国原英夫氏が、いろいろと解説していた。立候補する可能性が高い人を挙げながら、これまでの経歴や、どこの派閥に属してきたか、などを紹介し、出馬表明会見をすでに済ませた人についてはそこで語られた都政のビジョンについても触れられていた。私も「いや~、桜井くんのパパは出ないでしょう~」なんて考えながら「ふむふむ」と聞いていたら、とんでもない発言がテレビから飛んできた。

コメンテーターの女性お笑い芸人が「うーん、誰と仲いいとかそういうのはいいから、誰が都知事にふさわしいのか教えてほしい」と言ったのだ。もう、びっくりぽんである。梅粥を口に運ぶスプーンを持つ手が止まった。いや、あなた、これまでの話聞いてた? さんざん解説してたじゃん! それをもとに自分で考えるんだよ。教えてほしいって、そこで思考停止してどうするの~! しかし誰もその台詞にはつっこまず、番組はどんどん進んでいく。

彼女がまだ20代前半のお嬢さんなら、まぁ無理もないかと思う。でも、彼女は私と同世代、30代前半だ。立派な大人がこれではまずいんじゃないのか……。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

帰ってきたヒトラー 上 (河出文庫 ウ 7-1) 帰ってきたヒトラー 下 (河出文庫)