ゴシップ

あまりの変貌に絶句…夏菜の顔が「完全に別人」になっている

【この記事のキーワード】
夏菜

えっ、左の女性ですよね?(夏菜インスタグラムより)

 今年6月、松本潤の主演ドラマ『99.9―刑事専門弁護士―』(TBS系)の第八話にゲスト出演した際、顔があまりに変わりすぎていて「誰!?」と話題になった女優・夏菜(27)。トレードマークのショートヘアはそのままだが、どこがどう変わったかといえば、目元、鼻、口周り、アゴ……ほぼ全部である。この変貌ぶりは「まったく夏菜に見えない」と大きな話題を呼んだ。

 その時点で、無名女優だったわけではない夏菜。当然だ。NHK朝の連続テレビ小説『純と愛』で半年にわたりヒロインを務め上げたこともある彼女の「顔」は、広く知られている。もともとの彼女の顔は、「無個性な美人」というよりは、「個性的で愛嬌のあるタイプ」といったほうが的確だろう。クリッとした目に、やや存在感のある丸い鼻先、唇と鼻の間隔が短く、アゴも小さかった。それが今年に入ってからだろうか、彼女がInstagramにUPする写真はどことなく違う雰囲気になり、前述のドラマ放送で一気に驚きが広がった。

 もちろん顔の印象なんて化粧でいくらでも変えることができる。また、10代から20代へという年齢だったら、体の成長だったり垢抜けるタイミングだったりで大きく変わるものだ。しかし夏菜の変貌は化粧で説明のつくレベルではなく、テレビでもガラッと変わった顔を映し出していることから「加工アプリ」のしわざでないことも明白。特にここ一週間のインスタ投稿画像では、個性的な溌剌健康美人から、無個性なスーパー美女へ……たとえるなら菊地亜美が加藤あいになった、と言っても過言ではないくらいの激変を見せている。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

夏菜写真集/「夏菜 GANTZ/K」 (タレント・映画写真集) 菊地亜美 ami4you~菊池じゃないよ菊地だよ。 DVD