連載

可愛すぎる『あまちゃん』能年玲奈にウエンツが異常なほどの大興奮!!

【この記事のキーワード】
能年玲奈

『能年玲奈 2014カレンダー』トライエックス

 先週の9月28日、熱狂的ファンに惜しまれつつ、遂に最終回を迎えたNHKの超人気朝ドラ『あまちゃん』。日々の生き甲斐とも言えるほど、中毒的なハマり方をしてしまった人々も多かったようで、「あまロス(あまちゃんロス症候群)」と呼ばれる喪失感に陥ってツライという嘆き節もあちこちで聞こえる。私も毎朝の楽しみであり、どハマりした大好きな朝ドラであったので「最終回なんか来なければいいのにっ!」と、9月に入ってからは、より強く思ってしまっていた。

 クスッと笑っちゃうようなオモシロ要素が毎日詰め込まれていた『あまちゃん』だったが、最終週は毎日が最終回のような感動的なエピソード満載で、何度も泣かされてしまった。そんな中で迎えたほんとの最終回はやはり、泣かされつつも清々しいものであった。希望に満ちた未来へ続くようなラストシーンにも心打たれた。たくさん笑って、たくさん泣いた『あまちゃん』を放送してくれて「ありがとう!」と、テレビに向かって深く感謝したのだった。

 まぁ、朝ドラは半年間という放送期間が元々決まっているので、4月から始まったドラマが9月に終わってしまうのはしょうがない。自分の中で『あまちゃん』との別れを納得させるように必死に努めた。「続編でいつかまた会えますように!」と願いながら……。

 そんな私も大好きな『あまちゃん』で、主役の“天野アキ”をキュートに演じていた若手女優の能年玲奈ちゃんが、次はどんな作品でどんな役を演じてくれるのか期待が高まるところだが、まだ彼女が登場する次回作の情報は流れて来ない。『あまちゃん2』を熱望するファンが圧倒的に多いと思うが、あれだけのキャストを再集結させてあのクオリティで新たに作り上げるのは相当大変そうである。でも、期待せずにはいられないのがファン心理……。

 能年ちゃんには“海女のアキちゃん”のイメージが強烈についてしまったので、ドラマにせよ映画にせよ次の作品選びが大変だろうと思っていたのだが、『あまちゃん』の最終回からわずか三日後に、日本テレビのバラエティ番組で素顔の能年ちゃんにお目にかかることができた。思いのほか他局出演が早かったことにビックリ!

『あまちゃん』人気に乗っかりまくる日テレ

 10月1日に放送された『火曜サプライズ じぇじぇっ!超豪華すぎます秋の拡大2時間SP』(日本テレビ系)では、能年ちゃんを超目玉ゲストに迎えて、番組のサブタイトルにまで「じぇじぇっ!」を大々的に使用していた。BGMももちろん『あまちゃん』の劇中曲オンパレードで“あまロス”気味の私にとって嬉しい演出であった。

 しかし日テレの番組内だというのに、これでもかと言わんばかりに『あまちゃん』の映像をバンバン使っていたことにはさすがにびっくり。オープニング映像から本編のストーリー部分まで、大放出だった。ストーブさんがアキちゃんに告白するシーンまでサービス放映!前回のレビューで書かせていただいた“NHKがTBSの『半沢直樹』に乗っかりまくり”だったように、“日テレがNHKの『あまちゃん』に、かぶりつき放題”だった。

 能年ちゃんと一緒に“ストーブさん”こと小池徹平もゲスト出演していたのだが、終始保護者のような立ち位置で微笑ましかった。ドラマの役どころ的には能年ちゃん扮するアキちゃんに恋心を抱いていたストーブさんだが、今回は能年ちゃんがあまり慣れないバラエティ番組に登場ということで、バラエティ慣れしている優しい徹平お兄ちゃんとして、いろいろとフォロー。

 この日の番組ロケは、なんと『あまちゃん』最終回放送の前日(9月27日)に行われたそうだ。小池徹平とWaTでコンビを組んでいる番組MCのウエンツ瑛士が今回のロケ案内役を務めていたのだが、ウエンツは大の『あまちゃん』ファンだったようで、能年ちゃんを目の前にして「(あまちゃんは)実在してたの!?」「テレビの中の人じゃないの!?」と、浮足立ちまくりだった。そんなウエンツのハイテンションぶりにも、能年ちゃんは菩薩のようにニコニコしていた。

 どうやらウエンツも“あまロス”の一人だったようだが、その原因となっている本物のヒロインがゲストということで張り切って案内役を務めていた。今回のロケは能年ちゃんに事前に書いて貰った番組アンケートに基づき、「能年玲奈さんの希望を叶えるぶらり旅!」というテーマで進行していった。

1 2

テレ川ビノ子

テレビが大好き過ぎて、頼まれてもいないのに勝手にテレビを全般的に応援しています。おもしろテレビ万歳!

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

あまちゃん 完全版 Blu-rayBOX1