ライフ

私たちは誰も、壇蜜のようにセクハラを優しく受け流す術を覚えなくてもいい。

【この記事のキーワード】
壇蜜

壇蜜「エロスのお作法」だいわ文庫

 朝日新聞紙面の悩み相談コーナー<悩んで読むか、読んで悩むか>に掲載された、壇蜜による「お悩み相談への回答」が波紋を広げている。相談者は福岡県に住む12歳の女子中学生で、「毎日のように、特定のクラスメイト男子から『今日のブラジャー何色?』『胸をもませるかパンツを見せて』等と言われて困っている。その都度『嫌だ』と拒絶しているが一向にやめてくれない」という内容だった。

 相談につけられたタイトル(見出し)は『中学校で男子からセクハラ、イライラ』なのだが、回答者である壇蜜は、これをセクハラではなく「甘酸っぱい恋の話」と解釈した。

 まず相談者に80年代のラブコメ少年マンガ『きまぐれオレンジ☆ロード』(まつもと泉/集英社)を薦め、『超能力を持つ青年恭介と、不良美少女まどか&活発後輩美少女ひかるの織り成す惚(ほ)れたはれたの三角関係が何とも甘酸っぱいお話です(後略)』といった具合に紹介。そのうえで、『今の貴女(あなた)に必要なのは勇気と余裕です』と断言。いわく、まだ恋愛にウブな相談者は、『漫画を通して異性と交流し、言葉に触れ「疑似体験」をしておけば、とっさの時にその困った男子をかわす準備ができるでしょう』。

 ここまでは前段だ。相談者の悩み解決に向け、壇蜜はこう推理した。『貴女は、その男子を「大嫌い」になれないことも悩みなのかもしれません。嫌いという雰囲気が伝われば、男子もそんな事を言ってこないでしょうからね』。果たしてこの推理が名答なのかどうか、相談者はYESともNOとも言えないゆえ、わからない。壇蜜はタイトルにある「セクハラ」を、『悪ふざけ』と表現し、『悪ふざけには貴女の「大人」を見せるのが一番だと考えます。次に見せて触らせてと言ってきたら、思いきってその手をぎゅっと握り「好きな人にしか見せないし触らせないの。ごめんね」とかすかに微笑(ほほえ)んでみてはどうでしょうか』。さらに『ちなみにその困った君はきっと貴女が好きで、ちょっかいを出すしか愛情を示せないのでしょう』。

 この記事はweb上で「壇蜜さすがすぎる!!!!」「知性と教養を感じるなあ~」と称賛を浴びて拡散されたのだが、12歳の相談者はこの回答を読んだのだろうか。読んだとしたら、どう受け取っただろうか。筆者はもはや12歳の2倍以上の年齢だが、「孤立無援だなあ」と思いを馳せた。味方かもしれないと思って駆け寄った年上のお姉さんに、「オトナになりなさい」と諭されてセクハラ受容を促されるやるせなさ。悔しさで涙がにじむ。

1 2 3

ヒポポ照子

東京で働くお母さんのひとり。大きなカバを見るのが好きです。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

スクールカーストの正体: キレイゴト抜きのいじめ対応 (小学館新書)