恋愛・セックス

【PR】既婚者の彼を愛しすぎてストーカーに。それでも結婚できたのは…

【この記事のキーワード】

pandra1007_01

 大好きな彼には、家族がいる……知っていながらも、気持ちを止められないほど、気付いたら好きになっていた。友達にも相談できない、秘密の恋。もう会わない方がいいのかな、と何度も思ったけれど、好きな気持ちはどうすることもできず……。自分で感情をコントロールできないほど辛い日々を過ごしていたA子さん(27歳)が、その胸の内を打ち明けた相手とは。

禁断の恋さえも叶える「パンドラの箱」とは?

 彼はクラブで出会った30代社長。
 彼には家庭もある事を薄々感じいながらも、2回目のデートで、誘惑に負けて体の関係を持ってしまったのが始まりです。
 それからも週1回のペースで会ったのですが、たまに彼が遊びだけなのか不安になり「私たちって付き合ってるんだよね?」と彼に問いただすと、「そうだよ」と言ってくれるにも関わらず、なぜか彼の表情に不安の影が見えてしまうのです。

 そのような状況が半年以上が続いても、彼のことをまだ好きで仕方ない私がいます。

 そんな中、彼の出張が多くなり、会える機会も少なくなってきました。

 会えない日が続くと不安が募り、彼が出張から戻ってくると、「会いたい」「どこに泊まってるの?」と、彼が嫌そうな顔をするのをわかっていてもつまらないことを聞いてしまう始末……。詮索するつもりはないのですが、何か女性の影を感じてしまっていたんですよね。

 出会った頃のような、お互い愛し合える関係では、もうなくなっていました。

 しかし別れようと思っていたある日、2カ月ぶりに彼から連絡があり、その夜、会って激しく愛し合いました。行為が終わった後、彼は突然「もう疲れた。別れよう」と切り出し、一方的に別れを告げられました……。

 その後、彼からの連絡も途絶え、私の方も彼のことを忘れかけていたのですが、偶然、街で彼が女の子と楽しそうに歩いているのを見てしまったんです。どうしようもない嫉妬心が込み上げ、同時に、「また一緒にいたい! 彼と一緒になりたい!」と、今まで以上に激しく思うように。

 でも、彼と付き合っていたことは友達には秘密だったので、誰にも相談出来ず、一人で悩み続けていました。

 彼にメールをしても返ってこず、気が狂いそうな毎日。仕事も手に付かず、有給休暇を取っては彼の出張先にまで行ったりもしました。今から思うと、鬱を通り越してストーカーになっていたのかもしれません。さすがに友達も心配して、相談にのってくれはしたのですが、「叶わぬ恋なんだから、諦めなよ」とより気が重くなる答えしか返ってきませんでした。

 いろんな思いが交錯し、誰かに相談しても、慰められるだけで出口が見えない状況が半年ほど続き、頭がおかしくなりそうな日々を送っていました。

 その状況に終止符を打ったのは偶然、気を紛らわす為に通っていたバーの店長が恋で悩んだ時の最終手段と教えてくれた、昔、パンドラの箱とも言われた『シエロ』でした。もともと危険なものこそチャンスはあると考える怖いもの見たさの性分のせいか、藁をも掴む思いで『シエロ』を利用してみたのです。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ