連載

女性の持つ破壊衝動や暴力性を認めること~女性客が大半であった『シリアルキラー展』から考える、欲望と抑圧

【この記事のキーワード】
(C)柴田英里

(C)柴田英里

 ひと月ほど前のことですが、東京銀座のヴァニラ画廊で開催された『シリアルキラー展』(6月9日〜7月10日)に行ってきました。最終日に足を運んだのですが、会場は長蛇の列で大盛況、男女比はおおよそ男3:女7という割合でした。

 SNSなどで検索すると、『シリアルキラー展』は連日大賑わいであり、かつ大半が女性客であるという情報が散見されていましたので、この日も連日と変わらぬ賑わいを見せていたのでしょう。

 この展示のパンフレットに記載されていた作品所有者であるコレクターH・N氏によれば、「誰かに見せるわけでもなく、ましてや自慢できるようなものではない、孤独に蒐集してきたコレクションであるが、これらのものを通じて、彼らの精神世界を覗くことの意義はゼロではないと信じたい。犯罪者への憧れをいたずらに増長させるものではなく、個々人がそれぞれに抱えているであろう人間の黒い穴と向き合う場になればと今回の展覧会に踏み切った」という展覧会開催の経緯と意図があるようです。

 『シリアルキラー展』が連日大盛況であった背景には、H・N氏言うところの「人間の黒い穴」、決して足を踏み入れたくはない、得体の知れない底なしの深くて残酷な真っ黒な穴を覗きたい・紐解きたい欲望を持っている人がいること。また、その穴は、シリアルキラーだけでなく、自分の中にも開いているのではないだろうか? と思っている人も少なくないことが考えられるのではないでしょうか。

 殺人や暴行は憎むべき、この世からなくなるべき犯罪ですが、人間は誰しも、少なからず破壊や暴力的な衝動を抱えていることも確かです。「いやいや、私は全く破壊や暴力的な衝動なんて持っていないです」と思っている人がいるとしても、人間同士がコミュニケーションをすれば、図らずも他者を傷つけるなど加害者になることもありますから、やはり、暴力性と無縁に生きられる人はいないでしょう。

 もちろん他者への暴力や他者の権利の侵害行為は許されてはならないものですし、破壊や暴力的な衝動は、抑圧したり運動や創作活動といった暴力とは別の形にして昇華したりしながら生きていかなければなりませんが、抑圧や昇華をしたとしても、または出来るだけ破壊や暴力的にならぬよう、心静かに生きることに努めても、破壊や暴力的な衝動そのものをないものにはできません。いくら暴力を嫌悪しても、自分自身が持っている暴力性から逃れることはできないのです。それに、自分自身の持っている暴力性を例外化したり、加害者意識への想像力を無くす方が、よほど暴力的です。

 創作物の暴力描写などは、被害者を生まずに昇華された暴力性の形のひとつです。それを、「似た属性を持つ人が内面化したり、影響を受けて暴力を働く人がいるかも」と批判する向きもありますが、有形化した暴力性をまなざすことは、己の中の暴力性や加害者性と向き合うことになり得ます。

1 2

柴田英里

現代美術作家、文筆家。彫刻史において蔑ろにされてきた装飾性と、彫刻身体の攪乱と拡張をメインテーマに活動しています。Book Newsサイトにて『ケンタッキー・フランケンシュタイン博士の戦闘美少女研究室』を不定期で連載中。好きな肉は牛と馬、好きなエナジードリンクはオロナミンCとレッドブルです。現在、様々なマイノリティーの為のアートイベント「マイノリティー・アートポリティクス・アカデミー(MAPA)」の映像・記録誌をつくるためにCAMPFIREにてクラウドファンディングを実施中。

@erishibata

「マイノリティー・アートポリティクス・アカデミー(MAPA)」

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

FBI心理分析官―異常殺人者たちの素顔に迫る衝撃の手記 (ハヤカワ文庫NF)