連載

まんこタトゥ革命史 “妊娠可能マーク”から“ファッション”へ

【この記事のキーワード】

mankokasutamaizu0920

 人類がまんこに加えてきた、美白・脱毛・装飾などなどの“まんこカスタマイズ”の歴史をふりかえる連載「まんこカスタマイズAtoZ」。今回は、「下腹部へのタトゥ」のお話です。(連載・全10回予定)

 叶恭子は、パンティの下にバタフライのタトゥを入れている。
 芸能リポーターの井上公造は、それを見て拝んだ。
 そんな都市伝説が、Wikipediaの叶姉妹のページに書かれています。

 真偽のほどはわかりませんが、拝みたい気持ちならわかります。「咲き誇る花の前にあっては、蜜を求めてくる者は“狼”どころか、ちっちゃなちょうちょちゃんよ」――そんな姐御感を、叶恭子のバタフライ伝説からは感じてしまうのです。私はただただひれ伏してしまうのです。

 けれども、バタフライの来た道は、決して追い風ばかりではありませんでした。人類史上、まんこにファッションとしてタトゥを入れる人もいれば、目印としてのタトゥを“入れさせられてきた”人もいるのです。

まんこは誰の持ちものか、誰の名前を書くものか

(『今風化粧鏡』五渡亭国貞、1820年頃)

(『今風化粧鏡』五渡亭国貞、1820年頃)

 かつての日本には、“お歯黒”という習慣がありました。地域や時代によって多少の差はあるものの、基本的には、女性が男性と結婚をした印として歯を黒く染め眉を抜くというものです。しかし明治時代に入ると、西洋人からの「醜い」という批判もあり、古くから続くこの伝統に禁止令が出されます(※1)。

 日本だけでなく、女性の身体に社会的な目印を刻み付けるような風習は、かつての環太平洋地域でもみられました。それはお歯黒のような「既婚者です」の印というよりは、「生殖可能です」の印として、初潮を迎えた少女の体にタトゥを入れるものです。

 たとえば、1899年当時のパプアニューギニアでは、女性の成人式である「クイリガ」で新成人女性の下腹部のタトゥをお披露目していたといいます(※2)。女性たちは、普段はふんどしのようなものを身に着けていましたが、「クイリガ」の日だけは裸の身体をアピールし、年長の女性にココナッツオイルを塗ってもらうという習わしだったのだそうです。

 同じくパプアニューギニアのトロブリアンド諸島にも、初潮を迎えた少女の下腹部に入れるキウキウというタトゥの習慣がありました(※3)。また1918年の資料(※4)によると、首都ポートモレスビーの先住民・モツの人々にも、女の子が5~8歳のうちから全身にタトゥを入れていく習慣があり、特に下腹部に入れるタトゥは、キオドリと呼ばれていたようです。

1 2 3

牧村朝子

1987年生まれ。タレント、文筆家。2013年にフランス人女性と同性婚、現在フランス在住。セクシャリティをテーマに、各種メディアで執筆・出演を行う。将来の夢は「幸せそうな女の子カップルに”レズビアンって何?”って言われること」。

twitter:@makimuuuuuu

ブログ:http://yurikure.girlfriend.jp/yrkr/

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

同性愛は「病気」なの? 僕たちを振り分けた世界の「同性愛診断法」クロニクル (星海社新書)