ゴシップ

息子を過剰に溺愛、束縛してしまう「二世タレントの母親たち」という演出

【この記事のキーワード】
0826minayo

渡辺美奈代 公式ブログ より

 女優・高畑淳子(61)の長男で俳優の高畑裕太容疑者は(22)が23日、群馬県警に逮捕されたことは大きな波紋を広げている。高畑容疑者は宿泊先である前橋市のビジネスホテル客室内に、歯ブラシを届けるよう女性従業員を呼び出し、手をつかんで無理矢理連れ込み乱暴したという強姦致傷容疑だ。番組出演本数が急増している矢先の出来事であり、芸能界での活躍が見込まれていた二世俳優による逮捕劇は大きな衝撃を与えた。もちろん成人した息子の起こした事件に、親の責任を問うなどあり得ないが、息子の売り出しに尽力していた高畑は被害者はもとより、芸能界での関係各所への謝罪に奔走。1時間にわたる対マスコミの謝罪会見も行い、すべての記者の質問に言葉を返した。

 ワイドショーでは、母親の責任を問うコメンテーターも多く、高畑家の親子関係を「甘やかしすぎた」「溺愛していた」と書き立てるメディアもあった。三田佳子しかり、みのもんたしかり、こうした“芸能人二世”の事件が起こるたび、「親はどういう教育をしていたんだ!」と追及されるのが常態化している。しかし一方で、芸能人の親子関係を面白おかしく演出して紹介し、コンテンツ化するのもまたマスメディアである。

 我が子をタレントとして活躍させたい、そのお膳立てをしてあげたいと意気込む芸能人は多く、二世タレントが雨後の筍のようにデビューしている昨今。親子一緒にテレビバラエティに出演し、セット売りをするケースはどんどん増えている。タレントの渡辺美奈代(46)の息子でダンスユニット「And More」の矢島愛弥(19)は、絶賛売り出し中だ。だがダンスの腕どうこうではなく、母から息子への執着があまりに強すぎる、という面での話題ばかりがクローズアップされている。

 22日に放送された『有吉ゼミSP』(同)に出演し、美奈代の息子への執着ぶりが明らかにされた。放送で流れたVTRでは、愛弥が「出かけてくる」と告げるや否や美奈代が「何時に帰ってくる?」「どこに行くの?」「誰と会うの?」と畳み掛けるように問いつめ、愛弥が「泊まってくる」と答えると「ダメでしょ、お泊まりは!」と激怒する美奈代の様子が流れる。演技であってほしい……。

 愛弥の仕事中にはLINEに「おーい(返事しろ)」と美奈代から連絡がたびたび入るうえ、それを無視していると、30秒おきに着信がある。美奈代が居場所を特定するスマホアプリで愛弥の行き先を追跡し、友人宅の前に車で張り込む様子なども放送された。ネットではこの美奈代の粘着ぶりに「誰もこの家には嫁げない」など恐怖する声が続出しているほか、放送では愛弥も「本当に怖いです。ストーカーですよね」と実母をストーカー認定し恐怖していた。繰り返すが、すべて過剰な演出であってほしいほどの執着である。

1 2

ブログウォッチャー京子

1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

いい訳しない生き方。 KKロングセラーズ