ゴシップ

有吉広行と夏目三久の「熱愛・妊娠・年内結婚」報道完全モミ消し、なぜ?

【この記事のキーワード】
有吉弘行Twitterより

有吉弘行Twitterより

 摩訶不思議としか言いようのない現象が起こっている。8月24日、日刊スポーツが、お笑い芸人の有吉弘行(42)とフリーアナウンサーの夏目三久(32)が交際中、夏目はすでに妊娠していて結婚予定であると一面トップで報じた。多くのインターネットユーザーが驚きと祝福コメントをweb上に投稿しお祭り騒ぎとなったが、しかし朝・昼・夕方いずれの時間帯も、すべてのテレビ局のワイドショーがこのネタをスルー。さらに、有吉の所属する太田プロダクション、夏目の所属する田辺エージェンシーがそろって「事実無根」と否定したことから、日刊スポーツの空振りかとも思われた。

 しかし、それにしてはあまりに記事は断定的だった。夏目がすでに妊娠していること、出演中の番組を降板予定で調整していることなど、特に夏目の動きが詳報されていたのである。だが田辺エージェンシーは、「法的措置も視野に入れている」とのコメントを別のスポーツ紙に出し、まさに怒り心頭といったポーズを見せた。当事者である有吉は、Twitterアカウントで「これを狐につままれたような気分というのか。。。」と一言、意味深な投稿をしたのみだ。

 そして翌25日。日刊スポーツはまたも続報を出し、「妊娠が判明」「年内結婚へ」「正式発表まで調整二時間がかかっている」と大きく伝えたのである。双方の所属事務所が「事実無根」と強い調子で否定したにもかかわらずの、この強気な熱愛報道。一体何が起こっているのか。ちなみに太田プロは日刊スポーツの取材に対して「コメントすることはありません」と応えたとある。では田辺エージェンシーと日刊スポーツは、果たしてどのようなやりとりをしたのか……。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

デラックスじゃない (双葉文庫)