ゴシップ

中傷・罵倒にひるまずブレず。りゅうちぇるの強み

【この記事のキーワード】
りゅうちぇるオフィシャルブログより

りゅうちぇるオフィシャルブログより

 8月29日、バラエティ番組『7時にあいましょう』(TBS系)でモデル・タレントのりゅうちぇるが経済評論家の森永卓郎を“論破”したことが大きな反響を呼んでいる。

 その日の番組には元モーニング娘。の矢口真里と、矢口に一言モノ申したいという森永が登場。リアリスティックな結婚観を持つ森永は、結婚に夢を見ていた矢口が離婚したことで「そら見たことかと思った」という。その上で矢口に向かって、「結婚は修行。修行は一日も早く始めたほうがいい」と今の彼氏と早々に結婚することを勧めた。しかしひな壇で二人のトークを聞いていたりゅうちぇるが、突如そこに乱入。「何の修行!? 修行って何!?」と、森永に食ってかかった。

 りゅうちぇるは「ファンタジーなものを夢見てもいいと思う」「ピンクのおうちに住んだり、かわいいダルメシアン飼ったり、すごいかわいい結婚生活にしたい」と熱弁。森永は「(そんなこと言ってると)矢口の二の舞になる。チャラチャラしてたら結婚生活は続けられない」と応戦したが、なおも引き下がらずりゅうちぇるは「自分で経験をすればいいことで、あなたに言われることじゃない」と突っぱねたのだった。

 そもそもりゅうちぇるは、相方的な存在のぺこと近い将来結婚するつもりだと公言している。8月26日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)でも、来年には結婚したいと発言し、それをぺこにも伝えていた。結婚について真剣に考えているりゅうちぇるだからこそ、森永の発言を聞き逃せなかったのかもしれない。

 りゅうちぇるは7月17日放送の『爆笑!いいね動画シアター』(フジテレビ系)に登場した際にも、持論を曲げない姿を見せていた。番組ではりゅうちぇるにドッキリ企画が仕掛けられ、飲み会の場でモデルの宮城舞から「化粧してる男ってありえない」「男らしくない。子どもが生まれてもそのままでいるつもりなの?」と面と向かって罵倒されるという内容だった。しかしりゅうちぇるは一切ひるまず、現在のメイクやファッションを止めることはないと断言。「人に何を言われても負けないで、自分をしっかり持つ姿を見せる」「しっかりと自分を持った子に育てます」と強い信念を明らかにして、宮城および番組スタッフを圧倒してみせたのだった。

 特徴的なおしゃれを楽しむりゅうちぇるは、集団で孤立したり、中傷される経験がこれまでもあったようだ。番組内では「(宮城に)最初に言われたわけじゃない」、そのうえで「偽りの自分に慣れたら人に何も教えられない」と宣言。テレビに出始めた当初は<ジェンダーレス男子>として紹介されることが多かったりゅうちぇるだが、ステレオタイプな「男らしさ」や「かっこよさ」に性格もファッションも囚われていないからこそ、個人を縛り付ける古い価値観に堂々と反論できるのだろう。持論を曲げずに鋭い意見を述べ、媚びずひるまず堂々としたその姿には「このままいけばマツコ・デラックスの後釜になれそう」といった声も上がっている。いろものタレント扱いから論客へ? りゅうちぇるの活躍からは目が離せない。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

デラックスじゃない (双葉文庫)