連載

「服は伊勢丹」と見え見えのウソをつく韓国人男性、そのリアルな懐事情は?

【この記事のキーワード】
Seoul99

わざわざ日本でお買い物? Photo by C.P.Storm from Flickr

 韓国人男は見栄っぱりが多い。そのどれもこれもが、「嘘くさっ!」「どーでもいいわ!」とツッコミたくなる内容のオンパレードで、こっちがどんなに興味のなさそうな顔をしても、それでもめげずに見栄っぱりトークをやめようとしない彼ら。いや~あっぱれ!

 今回紹介するのは、そんな韓国人男の見栄っぱりというか、嘘に振り回されたカヨさんの話。

「彼は私よりも3歳下でネットショップを運営する37歳。顔は三遊亭円楽を若くした感じ? 自称イケメンです(笑)」

 円楽師匠似で、自称イケメン? そこ、めちゃくちゃツッコんで広げたいところだが、韓国恋愛マニアとしては、それ以上にほっとけないのが、「ネットショップ運営」という部分。これ、めちゃくちゃ匂いまっせ~。

 だって韓国で「ネットショップを運営しててぇ……」と挨拶する男って、信用できないヤツが多いんだよね~。そういうのに騙されて泣かされた日本人女子、これまで何人見てきたことか。

「そのとおりです。私も泣かされました。最初はこんな人だなんて思わなかったんですよ。芸能人にも知り合いが多そうで、カッコよく見えたんです」

男の自慢話は嘘か誠か

 カヨさんと円楽師匠似の韓国人男が出会ったのは、留学仲間に誘われて参加した日韓合コン。韓国留学をスタートさせたばかりのころで、韓国語があまり話せなかったカヨさんに、彼は日本語でやさしく話しかけてくれたそう。

「そのころの私は、日本語が話せるというだけで高ポイントでした。彼はネットショップを運営している以外にも、友人がやっている芸能事務所に投資しているとかで、芸能人の名前を何人かあげたり、『明日◯◯(人気俳優の名前)の誕生日会があるから一緒に来る?』ともいわれて、ついつい夢中になっちゃいました」

 実際にはその「明日の誕生日会」には誘われなかったカヨさんだが、彼とは合コンから1週間後にふたりきりで飲みにいくことになった。

「シンチョン(=新村、ソウルの学生街)の日本風居酒屋に行ったんですが、このとき彼が着ていたのが“ソウル大”と書かれたスタジャン。彼は自称、ソウル大学出身(笑)。もちろんこのときは信じていましたけど、絶対に嘘だと思います。洋服は韓国では買わず、日本、それも伊勢丹でしか買わないとか、リモワのスーツケースを5個持っているとか、レクサスが好きで最近も新車を購入したばかりとか……この日の彼も自分アピールが止まりませんでした」※韓国でナンバーワンの名門校

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

買い物とわたし お伊勢丹より愛をこめて (文春文庫)