ゴシップ

写真と実物が違っても問題なし。小嶋陽菜のメンタルを見習いたい

【この記事のキーワード】
koijharud

小嶋陽菜Instagramより

 まだまだCD売上では他グループや歌手の追随を許さないAKB48。ミリオンヒットは当たり前で、ファンはともかくとして、音楽番組を視聴しない人にとっては「コンビニで耳にしたかも?」程度の新曲も150万枚を売っているという事態が普通になってきている。

 ただ、ブレイク時のメンバーがほとんど卒業し、単体のタレントとして成立しているのは指原莉乃と小嶋陽菜だけだろう。両者に共通するのは良くも悪くも超のつく図太さである。

 とりわけ、卒業を発表した小嶋のメンタルの強さは、魑魅魍魎の跋扈する芸能界を生き抜くのにふさわしい。彼女はAKBのビジュアル(の美しさ)担当という扱いを受けており、女生ファンの数は圧倒的に多いとされてきた。確かにアイドルとしては身長が高く、若い女性をターゲットにした雑誌への出演も多い。もちろん顔立ちは整っていて、目が大きく、唇が厚く、鼻筋が通っている。

 しかし一方で、肌や体型のメンテナンスには無頓着。自由気まま、心地の良さを優先するマイペースな性格は彼女のファンならば知るところだ。柔らかそうな白肌をマシュマロボディともてはやされたり、くびれたウエストや引き締まったヒップも「女子の憧れ」ではあるのだが、誌面で見る姿と、動画やライブ会場などで見る生に近い姿とは大きな乖離がある。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

小嶋陽菜写真集 『どうする?』