ゴシップ

坂口杏里のAV出演に1億以上の価値があるという悲しい現実

【この記事のキーワード】
坂口杏里ツイッターより

坂口杏里ツイッターより

 9月6日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が、「坂口杏里 1億円でアダルトビデオに出演」との記事を掲載した。複数のスポーツ紙も、同様の情報を伝えている。坂口杏里(25)――昭和の大人気女優・坂口良子(享年57)の娘であり、2008年から芸能活動を開始したいわゆる2世タレントである。デビュー当初はドラマや舞台出演、またバラエティでは“おバカキャラ”としてブレイク、一時はテレビの画面で頻繁にその顔を見かけたものだった。

 そんな坂口だが、13年3月に母・良子が逝去。いつのまにかおバカというよりはその不安定な精神状態を心配されるようになっていった。13年以降の坂口の話題といえば・整形疑惑・激やせ・バイキング小峠との熱愛・ホスト通いなど。激やせに関しては坂口自身が「映画の役作りのために痩せた」と話し、ブログなどでは「ちゃんと食べてます」と頻繁に食べ物片手の写真をアップしており健康アピールをしていたが……。身長168センチで体重43.2キロの体躯は、いくら芸能人とはいえスレンダーすぎる。

 14年10月にはお笑い芸人の小峠英二(40)との交際が発覚。もともとは坂口がバラエティ番組内で小峠に逆プロポーズしたことから始まった熱愛であるが、約半年の交際を経て翌年の6月には破局している。交際前からデート現場でのツーショットや、ベッドに二人並んで寝ころぶ写真などを週刊誌に掲載されたふたりだったが、これらはすべて坂口自らの売り込みだったとも言われており、事実、交際発覚からしばらく坂口はバラエティ番組などで「小峠の彼女」であることをネタにするようになる。一方で、小峠との交際中も坂口はホスト通いの目撃談が耐えなかった。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

職業としてのAV女優 (幻冬舎新書)