ゴシップ

ラーメンズ片桐仁「地獄」「家ではお父さん、しんどい」という本音が妙に染みる。

【この記事のキーワード】
片桐仁

片桐仁Twitter投稿より

 9月4日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)は、「穏やかな私ですが、あの時は本気でキレました」というテーマで、主演映画が公開中の大竹しのぶや、長谷川京子、ラーメンズの片桐仁らがゲスト出演。再現VTRを使い穏やかな彼らが「キレた」出来事を明かす内容だった。そのなかで、片桐の「家庭生活がしんどい」という吐露は全然特別なものではなく、実は多くの既婚子持ちの内心を暴露するものだったのではないか、気になっている。

 片桐が怒っている人は妻の友紀さん。元モデルでかなりの美人、家族写真も公開された。夫婦には2人の男児が誕生しており、長男は小学6年生、次男は5歳。片桐はTwitterに子供たちの写真をよく投稿しており、可愛いと評判だ。しかしVTRでは「片桐家には、妻の決めた厳しいルールがある」「地獄の団体行動」と煽る。

 片桐が苦痛に感じているのは、たとえば「家での食事は必ず家族4人一緒に食べるのが決まり」といった家族ルール。「たとえ前日、明け方まで撮影だったとしても、朝8時には必ず起こされて朝食。掟こないとしばらくごはんを作ってもらえない」「自分の部屋でゆっくりマンガを読むことも許されない。用がなかったらリビングにいろ、と、家族のいるリビングに戻される。どうしても漫画を読みたいときは、中学生のように隠れて読んでいる」などがあるそうだ。創作活動をする際は自室にこもってもいいらしい。

 片桐は「子供生まれてからすごいですね女性は、変わる、女帝みたいに」と言い、MCの東野幸治にのせられてか、「育ってきた環境が違うじゃないですか夫婦は他人だから。向こうの家族は団体行動が好き。うちは両親も弟も単独行動派」「家族でいると『お父さん』でいなきゃいけないじゃないですか。これテレビで言うと怒られちゃうけど、しんどいんです」「正直、子供と一緒に風呂なんか入りたくない」と本音を明かした。片桐と共演経験のある長谷川京子は、二児の母という立場から、ひたすら眉をひそめていた。

 30歳で結婚した片桐だが、実家にいた子供時代、そして一人暮らしをしていた20代は、時間の使い方も自由だったのが、家族を持ったことでそうもいかなくなったことに、今なお慣れないようだった。また東野が「本音はそう、わかるよ。外で一日働いて家ではゆっくりしたいよね」「家族のこと何ひとつ、本音ではやりたくない?」と意地悪く煽るもので、片桐の弁舌は止まらない。

「ちょうど、長谷川京子ちゃんと舞台共演してるとき長男が生まれていろいろグッズをもらって『お父さんにならなきゃいけないよ』とか周囲にも言われたんだけど、知らねえーよと。本音では何もしたくないし(家族)旅行もしたくない。僕以外で旅行に行ってきて、僕が仕事で帰ってきて疲れたアピールしてるとあっちも旅行帰りで疲れたーって、知らねえよ。そりゃお母さんだけで子供の面倒みてたら疲れるだろうけど。家族が旅行でいないときの解放感はすごい」

1 2

ヒポポ照子

東京で働くお母さんのひとり。大きなカバを見るのが好きです。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

親子でねんど道 (コドモエBOOKS) 月刊 クーヨン 2011年 09月号 雑誌 ラーメンズ 第15回公演 「アリス」 DVD