連載

バイセクシュアルですが誰ともでもヤリたくないし、3Pしたがり男にはうんざり!

【この記事のキーワード】

asukatitle001

前回【私が「バイセクシュアルで良かった~!」と思うこと】という記事を書かせていただいたのですが、今回は逆に「バイセクシャルでイラっとすること」をお伝えしたいと思います。

「私、抱かれちゃったらどうしよう…」自意識過剰女

同性も好きになることを周りにオープンにしている“カミングアウト型”の私は、そんなに親しい仲でなくても女性も好きなことを口にすることもあります。そんな時、たまに現れるのが「えっ! 私のことも恋愛対象として見れるんですか……?」とか「私って女としてどう???」という謎の質問をしてくる女性。

その程度ならまだしも「私女の子とはちょっと……ゴメンね」と、いきなり返してくる人も。えっ? 今ゴメンって言った? 告白してないしタイプでもないんだけど、ゴメン?

同性が好きだからって女性全員イケるわけじゃないですからっ!!!!!(タイプの女性から誘われたら誘惑に負けますが)

「女同士ってどうやってSEXするの?」と聞く想像力のない男

デリカシーのない男性たちがこぞって聞いてきます。自動返信なのでしょうか。「女同士ってどうやってやるの?」って「ちんこないのに気持ち良くなれるの?」という意味。挿入だけで女性がイケる確率が低いということも知らない無知をさらしている上に、オーラルや手だけで女性を気持ち良くできない、自分の下手くそさを露呈していると思わないのでしょうか。例えこれらの経験がある方だとしても、この質問を平気な顔してぶつけてくるなんて想像力が欠けています。どちらにせよ「あなたのナニはそんなに役立っているとお思いか?」と問いたくなるのです。

また、「何かすっごいオモチャとかを使ってるんじゃなかろうか?」というファンタジーを膨らませているタイプの男性にも多い定型文です。

1 2

谷川明日香

芸能経験を経てライフスタイル、美容の会社を設立。モテ男育成や婚活講座の講師や男性用コスメ「オールインワンメンズケア」をプロデュース。TVなどメディアでバイセクシャルをカミングアウトしている。

@t_asuka

Lagrangeオールインワンメンズケア

公式ブログ

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

バイセクシュアルという生き方