連載

両親が離婚して「本当に好きな人」と再婚…大人の恋愛を描いた『ママレード・ボーイ』

【この記事のキーワード】
ママレード・ボーイ

アニメ「ママレード・ボーイ」アニバーサリーDVD-BOX

 90年代「りぼん」の名作を改めて読み返すこの企画(初回『こどものおもちゃ』)。第2回目は、吉住渉の『ママレード・ボーイ』を取り上げる。集英社『りぼん』1992年5月号から1995年10月号に掲載されていた『ママレ』は、1994年にはアニメの放送も開始(1994年3月13日から1995年9月3日まで全76話)。オープニング曲の「だけど気になる~♪」というフレーズは、今も私の耳にこびりついているが、同じように印象に残っている方は多いのではないだろうか。遊と同居してからの光希の心の中を表現した、かわいい歌詞だった。

 当時多くのりぼん読者を惹きつけたのは、ヒロインの光希が『気になる男の子といっしょに暮らす』設定だろう。本来学校でしか会えず、学校での様子しか知ることができないはずの彼とひとつ屋根の下で暮らし、同じ時間を共有するなんて、ドキドキワクワクする。しかも遊は、見た目は正統派のイケメンで背が高くてクールっぽいのに笑顔がかわいくて、勉強もスポーツも優秀、人あたりはよく話しかければニコニコ応じるけど、その一方でミステリアスな雰囲気を併せ持つ……。そんな魅力的な男子とフツーの女子がいっしょに暮らすという設定がりぼん読者にウケないはずはなく、『ママレ』以降、『ベイビィ★LOVE』や『グッドモーニングコール』『あいしてるぜベイべ★★』など、類似設定が盛り込まれた作品も次々ヒットしていく。『ママレ』はその先駆けだった。

 まして『ママレ』の光希と遊は、単なるルームシェアとはワケが違う。新しい夫婦関係と、これまで通りの親子関係を維持するため、6人まとめて<家族>になった格好だ。光希と遊はやがて惹かれ合うようになり両想いとなるのだが、高校生の段階で<家族>であり<恋人同士>とは、ドキドキワクワクはもちろん、ふたりの親密性の高さ、結びつきの強さを感じずにはいられなかった。

1 2 3 4 5

中崎亜衣

1987年生まれの未婚シングルマザー。お金はないけどしがらみもないのをいいことに、自由にゆる~く娘と暮らしている。90年代りぼん、邦画、小説、古着、カフェが好き。

@pinkmooncandy

バナナ&ストロベリー

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

ママレード・ボーイ 文庫版 コミック 全5巻完結セット (集英社文庫―コミック版) ママレード・ボーイ little コミック 1-4巻セット (マーガレットコミックス)