連載

サークルクラッシャー列伝 その2~バイト先の居酒屋で8股をする女

【この記事のキーワード】

messy_akujo_b500               

サークルクラッシャーの顔は“中の下”なのか?

同一コミュニティ内で複数の色恋沙汰を起こし、人間関係を崩壊させる「サークルクラッシャー」。現代的な悪女の一類型として、フィクションの世界でもたびたび登場する存在だ。

筆者は、以前からその存在に興味を持ち、サークルクラッシャー本人、もしくは被害にあった人たちに接触し、話を聞いてきた。サークルクラッシャーに多数遭遇したことのある女性によれば、彼女たちのルックスは「顔は中の下くらいだけど、化粧と雰囲気づくりが巧妙」とのことだったが、実際に会った彼女たちの印象は、男の筆者からすると、“中の下”よりもずっと魅力的な女性に見えた。そこが彼女たちの恐ろしいところなのかもしれない同性から見れば“中の下”であっても、男を魅了する演出力が彼女たちには備わっている。

また、前回も指摘したが、複数の男を落とすためには、男に「俺でもいけそうな気がする」と思わせる必要がある。当然、たいがいの男は美人が好きなのだが、あまりに美人すぎると萎縮してしまうため、美人であることと、モテる女であることは必ずしもイコールにならない。つまり、モテる女は美人であっても、男に「俺でもいけそうな気がする」と思わせる隙を持っている。そこらへんの按配を絶妙についてくるのが、サークルクラッシャーの特徴なのである。彼女たちは、バカな男に、バカな勘違いをさせるのが天才的に上手い。

そういう意味では、むしろ“中の下”くらいのほうが丁度よく、「世界中で俺だけは、この子の魅力がわかっている」という壮大な夢を男に見せるのが、彼女たちの特技でもある。

今回は、著者が取材した実在するサークルクラッシャーのエピソードを紹介していこう。

1 2 3

宮崎智之

東京都出身、1982年3月生まれ。フリーライター。連載「『ロス婚』漂流記~なぜ結婚に夢も希望も持てないのか?」、連載「あなたを悩ます『めんどい人々』解析ファイル」(以上、ダイヤモンド・オンライン)、「東大卒の女子(28歳)が承認欲求を満たすために、ライブチャットで服を脱ぐまで」(Yahoo個人)など、男女の生態を暴く記事を得意としている。書籍の編集、構成も多数あり。

twitter:@miyazakid

サイト:Facebook

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

岡田斗司夫の愛人になった彼女とならなかった私 サークルクラッシャーの恋愛論 (コア新書)