ゴシップ

窪塚洋介の伴侶・PINKYの唇が限界?

【この記事のキーワード】
25pinky

PINKY Instagramより

 自身2作目となるハリウッド映画『Rita Hayworth With a Hand Grenade(原題)』に出演決定、現在は主演舞台『怪獣の教え』が公演中と、レゲエアーティスト・卍LINEだけでなく、俳優としても精力的に活動している窪塚洋介(37)。昨年末に窪塚はTwitterで「ここ数年”伴侶”として寄り添ってくれている、PINKYこと菅原優香と、そろそろ結婚しますです」と発表していたが、パートナーのレゲエダンサー・PINKY(33)がそろそろ限界だ。

  注目を集めているのは、今月12日に自身のInstagramに投稿されたヘアカラー後の自撮り写真。唇が全体的に膨れ上がっており、上唇の中央にあるはずのくぼみ・上唇結節がなくなっている。下唇に関しては腫れているだけでなく、口紅をオーバーリップ(口紅を本来の唇の線からはみ出して塗るメイク法)で塗っている。ぽってりと厚めの唇にすべく塗っているのだろうが、結果“ただただいびつな唇”という印象に仕上がっている。同写真のコメントには「顔つき変わりましたか?」「がんばりすぎてないですか? 大丈夫ですか?」「眠れてますか?」と彼女の体調を不安視する声が寄せられている。

  しかし、それ以降にアップされた非・キメ顔の彼女の写真は、ナチュラルで可愛らしいものが多い。唇の腫れも落ち着いて見える。一時的な腫れ、もしくはただの化粧効果だったのだろうか。

 体調を心配されていたPINKYだが、ボディトレーニングは欠かしていないようで、グラマラスかつ引き締まった身体は健在。ファンは安心して良いだろう。
(夏木バリ)

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

卍LINE BEST