ゴシップ

Hey! say! JUMPのゴリ押しは失敗に終わるのか?

【この記事のキーワード】
Johnny’s netより

Johnny’s netより

 SMAP解散騒動でドタバタ劇を演じるジャニーズ事務所にまたもや悲報が届いた。9月27日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)で、大躍進中のHey! say! JUMPメンバー・伊野尾慧の熱愛が報じられたのだ。お相手はセクシー女優でメジャーリーガーのダルビッシュ有との関係も噂された明日花キララだ。

 伊野尾と明日花の逢瀬が発見されてしまったのは、日本ではなくシンガポール。高級ホテルの屋上プールやジャグジーでイチャつく姿がホテル宿泊者に目撃されており、プールサイドに座る伊野尾と明日香と思われる人物のツーショット写真も公開されている。また現地では、伊野尾は同じくHey! say! JUMPの有岡大貴と、明日花はグラビアアイドルの大島みづきと一緒に過ごしていたので、ダブルデートだったのではないかと見られている。ファンからは悲痛な叫びがこだまし、明日花のTwitterアカウントへ突撃する者も多く出ている。

 明日花を攻撃するJUMPファンがいる一方で、伊野尾および有岡の脇の甘さに失望したという声もある。JUMPのデビューは2007年だがなかなか思うように人気が伸びず、この1~2年でメディア露出が増えてようやく世間一般の認知度も上昇したというところ。ジャニーズ事務所ではいわゆる“ジュリー派”で、嵐の次を担うグループとして期待をかけられていたのだが、「SMAP解散で平成ゴリ押そうとしたらボロボロスキャンダル出てきて草」「KAT-TUN以上の問題児揃いやな」と、呆れ声が続出している。たしかに山田涼介や中島裕翔、伊野尾慧をはじめとして、これでもかとHey!say!JUMPをゴリ押し中だったのに、当の本人たちはどこ吹く風といった具合に次々と問題を噴出させているため、事務所スタッフも頭の痛いところだろう。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

+act. ( プラスアクト )―visual interview magazine 2016年 11月号