恋愛・セックス

イカせてくれる男を選ぶとき、チェックするのはムスコではなく○○です。

【この記事のキーワード】

短気集中連載「イクレッスン」

lesson04

カードの色とかね。 Photo by Photography by Brea from Flickr

 短期集中連載最終回は、ちょっとシビアなお話をしますね。

 セックスで女性がイケない理由はさまざまですが、そのひとつに「相手の男が貧乏」ということが挙げられそうなのです。

 これまでイくためのヒントを身体に探ってきましたが、あなたがイケない理由が、もしかするとあなたの身体でも彼のテクでもなく、彼の「収入」にあるかもしれないというから驚きです。

 イギリスのニューカッスル大学の進化心理学者トマス・ポレット氏とダニエル・ネトル氏が、男性パートナーのいる中国人女性1534人を対象に調査したところ、彼女たちがオーガズムを得られる頻度は、パートナーの収入もしくは預金に比例していたそうなのです。この比率はヨーロッパ諸国でもほとんど同じだったとか。

レッスン4:寝る前に、彼の懐具合をCHECK!

 女性のオーガズムと妊娠に関係があるかないかは、まだ詳しくわかっていません。ですが、出産や子育てに時間と労力を費やさなければいけない女性は、自分と子どもを養ってくれそうな経済力がある男性が相手でなければ、イケないカラダになっているようなんです。

 というわけで、「いろんな体位を試しても、ペニスの出し入れではなかなかイケない」という貴女は、付き合う相手の経済レベルを、今よりちょっと上げてみるとよいかもしれませんよ!

 ちなみに、「どんな相手でも、すぐにイッちゃいます」という女性は、それだけ男性の経済力に対する評価基準が低いということになります。どういうことかというと、「だめんず」に引っかかる可能性が高いってこと。

 すぐにイケる女性というのは、なんとなく性感が発達しているようなイメージがありますが、そうとばかりも言えないみたいですね。どちらにしても、セックスするなら、経済力のある男性を選びましょう!

(文=きづき桃)

【イクレッスン・バックナンバー】
第1回/上か下かでイケる可能性は大違い? それでもイクための秘策、教えます。
第2回/あなたの声で私の性感帯を振るわせて! おしゃべりでイクための声テク
第3回/「全身性感帯」な超敏感ボディになる秘技は、定番プレイにあり

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

お金持ちと結婚するための75日間プログラム 億万長者マダムの秘伝レッスン