連載

服従夫の鑑・西村和彦が峰竜太からアドバイスされた究極の至言とは?

【この記事のキーワード】
西村和彦

西村さんはブログも公式HPもまじ面白いからオススメ!(画像は「付“録”西村和彦公式ぶろぐ」より)

 フジテレビにて月曜日~金曜日まで、毎朝9時50分から生放送されている『ノンストップ!』は、最新のトレンド情報・芸能情報・社会問題など女性が気になる話題を番組独自の目線から盛り沢山でお届けする情報エンターテインメント番組である。昨年の4月から始まったこの番組はお笑い芸人のバナナマン・設楽統が相方の日村勇紀とのコンビとして出演するのではなく、ピンでメインMCを務めることになった。芸人さんである設楽が、初めて午前中の主婦向け帯番組のMCを担当するということで「どんな感じの番組になるんだろうか?」と、番組開始当初から興味津々で見ていた。

 バラエティ番組などで、女子アナとしてはかなりトリッキーな動きをする山﨑夕貴アナウンサーを設楽の相方としてMCに抜擢し、「フジテレビは新番組のキャスティングでチャレンジしてるな~」と思ったのだが、この設楽&山﨑アナのコンビは不思議なことに波長が合うのか、とっても良くマッチしている。午前中の放送時間帯に合った、ちょっとユルい感じで心地よい『ノンストップ!』の番組カラーは、力まずにMCを務めている(ように見える)自然体の二人から醸し出される雰囲気を反映しているのかもしれない。

 番組には、千秋や神田うのなど毎日変わる曜日レギュラーの他に、その日の曜日コーナーやテーマによって様々なゲストが訪れる。金曜日の定番コーナーとして「NONSTOP! サミット」という毎回白熱する討論会があるのだが、出演者たちのいろんな意見が飛び交って、これが毎週なかなか興味深い。

嫁に絶対服従の掟!

 10月11日に放送された「サミット」コーナーでは、俳優の西村和彦とお笑い芸人のサバンナ・八木真澄がスタジオに初登場し、金曜日レギュラーの女医でタレントの西川史子と鬼嫁タレントでお馴染みの北斗晶と共にいくつかのテーマについて討論していた。

 中でも、「激白!妻に服従する夫」と題したテーマの討論が面白かった。このテーマを取り扱うからこそ、プライベートで“かかあ天下”に悩む西村&八木ペアに、白羽の矢が立ったのだ。

 八木は昨年の3月、11歳年下の一般女性と結婚したのだが、専業主婦となった奥さんはいつも自宅のベッドから動かず、家事を一切やらないのだとか。ベッドに寝そべりながら夫に掃除をするよう指示を出し、ちゃんとできていないとダメ出しを浴びせるそうである。

 一方、西村は2006年に12歳年下で書家の國重友美さんと結婚し、現在は二児の父親でもある。外で俳優業をバリバリこなす傍ら、自宅に帰れば服従夫と化すのだとか。家事の九割以上は夫の役目となっているそうで、子供のお弁当までバッチリ作っちゃうイクメンなのだ。

 テレビ画面には「服従夫が緊急提言!! 逆襲の一手を打って出る!!」と戦闘態勢のテロップが躍り、西村&八木ペアの顔写真の背後にメラメラと炎のCGが燃え盛る。仰々しい戦いの火蓋が、切って落とされた。ナレーションも「普段言えない妻への思いを、え~い! 言っちゃえ~っ!!」と煽りまくっていた。めっちゃノリノリや~ん!

 八木家ではケンカをした場合、夫が100%謝ることになるそうだ。そうしないとケンカが収束しないので仕方なく謝るのだが、八木も悔しいので「ごめん、ごめん」と軽く謝ろうとすると、謝り方にまでダメ出しが入るらしい。しっかり正式に謝らないと妻は謝罪を受け入れないのだとか。どこまでもキビシ~!

 それに対し、西村は「(ケンカしたら)まず、ゴメンから始まるでしょ」「(ゴメンは)枕詞みたいなもんでしょ?」と、ごく当たり前のことのように意見していた。思いがけない発言にスタジオがどよめいた。

 そして、早速西村の持論がスパークし出したのである。

1 2

テレ川ビノ子

テレビが大好き過ぎて、頼まれてもいないのに勝手にテレビを全般的に応援しています。おもしろテレビ万歳!

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

北斗晶の“鬼嫁流”子育て!