連載

ガテン男子を縄で縛る! 女性緊縛師が引き出す「攻められる男のエロス」

【この記事のキーワード】

 荊子さんの口からも“固定観念”というワードが出ましたが、彼女の作品を見ていると、「縛られるのは女性、縛るのは男性」という私の頭にこびりついていた固定観念が、なんて貧しいものだったんだろう思わされます。この考えを根こそぎ捨て去るのもまた、むずかしいことなのでしょうが、それでもこうした作品を見て、常に揺さぶりをかけるのを忘れてはなりません。凝り固まった考えは、セックス観ばかりでなく男女観も貧相にするからね!

荊子「緊縛ショーの世界でも、もっと男性モデルが増えていいと思うんだけどね。何より、私自身がそれを観たいんです。でも、ゲイ同士のショーでビシビシ縛って派手に吊り上げて……となると、そういうのを求めているわけじゃない。もっとふたりの関係性が伝わってくるような、縛りのあいだから何かが漏れでてくるような、そんな縛りが出てきてほしいと思います」

 ちなみに、私は荊子さんの女性を縛った作品も大好き。いくつか、こちらでご紹介します。

momoco164h

写真/福島裕二

momoco164e

モデル/Meg 写真/大村祐里子

momoco164f

モデル/わんこ 写真/福島裕二

momoco164g

マスク制作/Gado 写真/Ivan Toscanelli

Information

荊子さんの作品は、こちらで見られます!
Facebook Instagram

backno.

1 2 3

桃子

オトナのオモチャ約200種を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。

@_momoco_

Facebook

[カラー版]ナナとカオル Black Label 5 (ジェッツコミックス)