恋愛・セックス

「自分は1人なのに、あの人は家庭がある」から二股してみたが…「ようこ(29)」の場合/不倫座談会【3】

【この記事のキーワード】

ようこさん

 著名人の不倫騒動が多発する昨今、不倫経験女性4名を緊急召集!! 何がキッカケで不倫の恋にハマり、なぜ別れに至ったのか。率直な言葉を聞き込みます。

●れいな(26)/キャバクラ勤務していた時に、お客として飲みに来ていた21歳年上の旅館経営者の男性と出会い、月に1度会う程度で1年半の遠距離不倫。他の人に目を向けるため、唐突に自分から連絡を絶ち、フェードアウト。

●さおり(34)/当時勤務していた先の同じ部署の10歳年上の男性と社内不倫。4年目に不倫相手の妻に半バレしても尚、1年間の交際。バレることに怯える生活が辛くなって別れを決意。

●ようこ(29)/飲み会で、知人男性の先輩である12歳年上の広告代理店勤務の男性と出会う。泥酔し一夜を共にしたのをきっかけに3年間の不倫関係。もたまに会うがセックス抜きの友人関係。

●ゆみ(46)/会社の後輩に勧められた出会い系アプリで8歳年上のテレビ局勤務の男性と出会い、隔週ペースのデートを重ね、1年4カ月の不倫。最近、LINEで別れを告げているものの、まだ完全に切れてはいない。

【1】「生理が来ない、デキてたら…」キャバ嬢×若旦那:れいな(26)の場合
【2】「嫁バレしました」別れて4年、まだ恋愛する気持ちになれない「さおり(34)」の場合

一番になりたくなった

――ようこさんは知人男性を通じての出会いですよね。

ようこ 私が24歳の時に出会った人なんですけど、広告代理店なので「THE・チャライ」みたいな感じの面白い人でした。もともと私は、彼の後輩と知り合いだったんですけど「飲み会やってるから来なよ」って言われて。その時ちょうど、私は女友達と一緒にいて。「クラブに行く前に一杯飲んでから行こうか」って話していたところで、その飲み会の場所から近くにいたから、「タダ酒ラッキー」くらいの気持ちで行ったんですよね。楽しかったんでしょうね、ベロンベロンになって。ずっと彼としゃべっていたらしいけど、全然覚えていないほど……。で、そのまま持ち帰られてホテル行って……。

さおり ヤってしまったのですね。

ようこ ハッと起きて……何となく話した記憶が蘇ってきて、奥さんと子供がいるって言ってたなって思って。「何やってんだ私、最悪!」って。相手はまだ寝てたから、1人で先に帰ったんですけど、「あーマジでやっちゃったー」っていう自己嫌悪。「もう知らない、忘れよう!」って思っていたら、翌日<先帰ったの?>ってラインがきて。ラインを交換したのも覚えてなかったんですけど。<はい帰りました、お疲れ様でした>ってサクッと返しました。その後もちょくちょく連絡はきていたんですけど、気が向いた時にしか返してなかったです。

――それから、何故また会うことに?

ようこ 結構好きだった彼と別れて半年くらい経ってた時期で、早く次見つけたくて、合コンに行ったりもしていたんですけど、なかなか好きになれるような人がいない状況だったんですね。その時に彼から<ご飯行かない?>って連絡がきて、「別にヒマだし行ってあげてもいいか!」くらいの感じで行ったんです。

ゆみ 2回目に会ってみて、どうだったんですか?

ようこ 自己嫌悪も含めて、最初の印象が悪かった分、会ってみたらすごい楽しくて。私自身お酒飲むの好きなんですけど、相手もお酒強い人で、私の仕事の話も真面目に聞いてくれちゃったりして。「この人、面白い!」って、ちょくちょくご飯行くようになった。っていうのが流れなんですよね。

さおり 2回目にご飯行った時は、ホテル行かず?

ようこ その時は行ってないですね。タクシーで送ってくれて。ヤリたがってはいたんですけど。

――相手はおいくつなんでしたっけ?

ようこ 当時36歳です。彼は、結婚しているって一番最初に言ったものの、そこから奥さんと子供の話は一切しない、あくまでも“自分はパパでも夫でもなく男”。みたいな感じ。「次いつ会える? 土日も会えるよ」とか「お前は独身か?」くらいの肉食男子で。お子さんは当時もう高校生だったと思うんですけど……パパっていうのを1ミリも感じさせなかったですね。

――奥さんはどんな人かも、話したことは?

ようこ 聞いたことないですね。でも学生結婚してお母さんになっているから、そんなバリバリ働いているっていうことはないと思う。だからこそ2人でご飯を食べに行く時も、渋谷とか普通に行ってましたし。都心だとちょっと人目を気にするはずだけど。奥さんにバレるっていうのも、最初は心配ありましたけど、段々、奥さんももう目を瞑ってるのかなぁ、みたいな。

ゆみ めっちゃ遊んでる男の人だったら、逆に嫁バレのリスクが分散される?

ようこ そうですね、それなりに稼いでるから、経済的なものもあるのかなぁって。

れいな 他の女性にも肉食っぷりを発揮していたんですかね。

ようこ もともと遊んでいたんだろうなぁって思うし、話も面白いし、多分一般的にモテるとは思うんですけど、私の場合、“そういう人に好かれている自分”っていう優越感も出てきて……もっと、自分に来い来い!って燃えてきちゃって、3年くらい関係が続いたんです。でも、結局不倫なので、家に帰ったらもちろん奥さんと子供がいるわけで。そこで自分も浮き沈みがあったりして。でもなんだかんだ続けてましたね。今はそんなに会ってはいないんですけど、連絡はまだ取り合ってますね。

――気持ちの浮き沈みっていうのはどんな感じだったんですか?

ようこ 会うとすごく楽しいし嬉しいんですけど、バイバイして別れたあと、「自分は1人なのに、あの人は家庭があるんだ」って思うと落ちてしまったり。でも、向こうからは連絡がくるし、好きな気持ちがあるから、自分から切るっていうことが出来ない。男としては全然ダメだと思うんですけど、話してると楽しいからまた会っちゃう、っていう繰り返し。ちょうどドラマ『昼顔』が放送されている時で……吉瀬さんの言葉がグサグサ刺さってましたね。

――気持ちをセーブしようと、彼氏作ったりは?

ようこ もちろん、このまま続けていたらいけないっていうのは分かってて、その間も合コンしたりとか、出会いの場には行っていたんですけど、比べちゃっているのかもしれないけど、なかなか見つからず「やっぱり好きだなぁ」って続いていて……でも、2年くらい経って彼氏が出来たんですよ。

――ん? 3年間不倫をしていたってことは……あと1年続いてますよね。彼氏が別れるキッカケにならなかったんですか?

ようこ えっと、バランスって言うか、本当は彼氏が出来たら切ろうとは思ってたんですけど……、二足の草鞋っていうか。 

さおり 二股をかけていたわけですね。

ようこ なんか、おかしい話ですけど、自分も彼氏がいると、彼と同じ土俵に上がったというか……「私も本命いるし」みたいな。私だけ一人ぼっちみたいな気分にはならなかったから。でも、私も転職して忙しくなったっていうのと、向こうも昇格していきなり忙しくなって、時間が合わなくなってきて、高頻度では会わなくなった、っていう感じです。

――そのちょくちょく会ってるのは、セックス抜きですか?

ようこ 昨年くらいまではありましたけど、今はセックス抜きですね。

――アラフォーの彼はお仕事も昇格されて相当疲れている中、セックスも元気だったんですか?

ようこ どんだけ飲んでもすごい元気なんですよ。20代の男より全然。3回くらい普通に出来ちゃうんですよ。だからスゲー!って思って。

ゆみ でも、そういう人に慣れちゃうと次から大変じゃないですか?

ようこ そうなんですよ!その後1歳年上の彼氏と付き合ったんですけど、1回終わっただけで「ふぅ~」とか言って……「何それ?」って(笑)。

――強欲ですね。

<ゆみの場合につづく>

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

不倫女子のリアル (小学館新書)