連載

問題は、セックス経験の有無ではない。「中年童貞」の何が気持ち悪いか?

【この記事のキーワード】

 はじめてのセックスを経験する前と後で、自分は何か変わっただろうか。ティーンエイジャーの自分にとってそれは特別な体験でしたが、いま思うと人生の通過点のひとつでしかなく、これまでの半生においてそれより大きな転機はいくつもありました。ですが、どこかの段階でセックスという行為を経験していなければ、私はいまこうしてバイブだのオナニーだのセックスだのについてあーだこーだ書き散らす活動はしていないと考えると、それなりに重要な通過点だったと感じます。

 その通過点を経るも経ないも、何歳で経るかも、個人の自由であり、他人からとやかくいわれることではありません。けれど個人的には、「通過点を経ないことで抱える不自由は少なくない」と見ています。

 一度も性経験がないまま婚活をしている友人がいますが、セックスパートナーでもある結婚相手を未経験のまま探すのはかなりの苦労が伴うようですお互いの人間性を徐々に知り恋愛関係を築き、そこから結婚を考える……というスタイルであれば、経験の有無はさほど大きく影響しないのかもしれませんが、その人がセックスパートナーとしてふさわしいかどうかを短時間で見極めなければならない婚活というスタイルにおいては、処女であることがプラスに働くことはなさそうです。

 セックス=相手との距離感をゼロにする行為と考えると、一度でもそれを経験することで得られるモノは少なくないでしょう。もちろん、「セックスを経験したことで抱える不自由」もたくさんあるんですけどね! 経験の有無それぞれにメリット、デメリットがあるし、それをどう受け取るかはその人次第だし、結局は本人が納得していればどっちでもいいじゃん、という話です。

 一方で「経験していない自分」に納得がいかない人生というのは、本人にとって苦しいばかりか、ときに周囲に多大な迷惑を及ぼしかねないと教えてくれるのが、『漫画ルポ 中年童貞』(リイド社)です。

中年童貞は、女性に何を求めているか

 8章にわたって登場する中年童貞たちの造形がたいへん気持ち悪く、嫌悪感がまず先に立ちます。といっても、それは彼らの外見によって生じるものではありません。……いえ、正直いうと外見も個人的には受け付けないレベルです(原作の中村淳彦氏曰く、漫画家さんがことさら露悪的に醜く描いているわけではなく“そのまんま”らしいのですが)。人様の外見を他人が一方的にジャッジするものではないとわかっていつつも、清潔感とかエチケットとかをまるっと無視した人物像には反射的に嫌悪感が……私もまだまだ修行が足りません。

 ですが、くり返しになりますが、ほんとうの嫌悪感は彼らの「外見」からくるものではないのです。では、何からくるのか。それは彼らの「女性観」です。その、あまりの身勝手さ。

 彼らは「理想どおりの天使のような素敵な女性」が現れて、自分のすべてを受け入れてくれる(で、童貞を卒業する)ことを夢見ているそうですが、その理想というのが聞いて呆れるものばかり。最たるものは、“処女信仰”です。

「人生でエッチをするようなことがあるなら 誰かの処女をもらいたい その人を自分だけのものにしたいって独占感が強いです」

「付き合った男が一人くらいなら友達程度で付き合えるかな……? 2、3人とかになるともう付き合うとか考えたくもない!! 人間じゃないって思っちゃうかも」

1 2

桃子

オトナのオモチャ約200種を所有し、それらを試しては、使用感をブログにつづるとともに、グッズを使ったラブコミュニケーションの楽しさを発信中。著書『今夜、コレを試します(OL桃子のオモチャ日記)』ブックマン社。

@_momoco_

Facebook

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

ルポ 中年童貞 (幻冬舎新書)