連載

エロの抑圧、萌えへの侮蔑。「駅乃みちか」への乱暴な批判は、「女性の身体はエロく卑猥なので、表現として不適切、表現すべきでない」につながる

【この記事のキーワード】
(C)柴田英里

(C)柴田英里

 東京メトロの公式キャラクター「駅乃みちか」の、萌えキャラバージョンが波紋を呼んでいます。

 「駅乃みちか」は、2013年秋から東京メトロ駅ポスターなどで活躍している、「東京メトロサービスマネージャーで帰国子女の23歳女子」という東京メトロ公式キャラクターです。

 3~4頭身程度で、近年流行の萌えキャラゆるキャラとは違った、素朴なテイストのイラストながら、メトロポスターではあざとそうな一面もあるキャラクターとして、東京メトロの利用者にはその存在がじわじわ浸透していたのではないでしょうか。

 さて、数日前から問題視する声が(主にTwitter上で)相次いでいる“萌えキャラバージョン”の「駅乃みちか」は、東京メトロ公式キャラクターとしてのデザインがリニューアルされたものではありません。萌えキャラクターコンテンツのひとつである『鉄道むすめ~鉄道制服コレクション~』(トミーテック)の企画に参加するために、人気イラストレーターの伊能津さんによって描かれたものです。

駅乃みちか

画像は駅乃みちかLINEスタンプ公式リリースより

画像は『鉄道むすめ~鉄道制服コレクション~』公式サイトより

画像は『鉄道むすめ~鉄道制服コレクション~』公式サイトより

 『鉄道むすめ』の公式サイトによれば、『鉄道むすめ』は、オリジナルキャラクター達が実際の鉄道事業者の現場で活躍する制服を着たキャラクターコンテンツであり、公開された「駅乃みちか」イラストは、2017年2月11日から開催予定のスタンプラリー企画『つなげて!全国“鉄道むすめ”巡り』へのゲスト参加を記念して公開されたものであると明記されています。

 つまり、『鉄道むすめ』版の「駅乃みちか」は、あくまで、萌えキャラクターコンテンツである『鉄道むすめ』とのコラボイベントのための姿であり、東京メトロ駅構内や車内に貼られる公式のポスターがリニューアルされたわけでもなく、萌えキャラとしての「駅乃みちか」が、駅や電車内といった公共空間に貼り出されたわけでもありません。にもかかわらず、リニューアルされたものと誤解して、「前のみちかのほうが良かった」「メトロのキャラとして不適切」といった批判を繰り出す人が目立ちました。

 「鉄道むすめ版駅乃みちか」イラスト批判の多くは、「公共交通機関の公式キャラクターが性的な記号を孕むことは不適切だ」というものでした。

●スカートの上から太ももや股間のラインが浮かび上がっており性的である。

●元イラストの特徴である困り眉やピンク色に染まった頬と、半開きの口元が合わさることで媚びているような恍惚としているような表情となっており性的である。

●いわゆる“乳袋”描写ではないが、ブレザーの上から胸のふくらみがわかるところが性的である。

●全身のポーズが妙にくねくねしていて性的である。

●サービスマネージャーという職にある女性を、知識と経験を備えたプロフェッショナルとしてではなく、性的にアピールする若く未熟な女性として表象している。

 しかし、公開されたイラストは公共交通機関の公式キャラクターとして使用されるものではありません。また、肌を露出しているわけでも、制服を激しく気崩しているわけでもありません。「困り眉」や「胸の膨らみ」、「あざといポーズ」などは、東京メトロ公式の「駅乃みちか」にも見受けられるものです。

 キャラクターが性的に見えることを指摘する言葉ひとつをとっても、「スカートから下着のようなものが透けて見える」「おしっこを我慢しているようなポーズで不快」「衣類と身体は、デフォルメするのではなく、実際の人間が服を着用した時と同様に描くべきだ」「女性の身体の美しさではなく、ヘテロ男性の一方的な性的欲望が描かれている」など、いささか過剰な意見も目立っていました。

 「東京メトロの安全性や信頼性に関する広報」などの文脈で、女性キャラクターだけが「サービスマネージャーという職にある女性を、知識と経験を備えたプロフェッショナルとしてではなく、性的にアピールする若く未熟な女性として表象している」となれば問題ですが、ゾーニングされた萌えキャラクターコンテンツの文脈でそれを批判されても、「萌えコンテンツで萌え萌えキュンしてなにが悪い」としか言えません。

 萌えコンテンツであっても、職を持つ女性は知識と経験を備えたプロフェッショナルとしてのみ描くべきであれば、少女漫画やBLにでてくる有職のイケメンに対して、その職業の特性や修練度とは別の部分で萌えたりときめくことも同様に成立しなくなります。

1 2 3

柴田英里

現代美術作家、文筆家。彫刻史において蔑ろにされてきた装飾性と、彫刻身体の攪乱と拡張をメインテーマに活動しています。Book Newsサイトにて『ケンタッキー・フランケンシュタイン博士の戦闘美少女研究室』を不定期で連載中。好きな肉は牛と馬、好きなエナジードリンクはオロナミンCとレッドブルです。現在、様々なマイノリティーの為のアートイベント「マイノリティー・アートポリティクス・アカデミー(MAPA)」の映像・記録誌をつくるためにCAMPFIREにてクラウドファンディングを実施中。

@erishibata

「マイノリティー・アートポリティクス・アカデミー(MAPA)」

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

JR特急列車年鑑2017