インタビュー

仕事で迷える人たちへ。漫画家、ハグ屋、農家…唯一無二のキャリアを築いた男・えろ漫画家ピクピクン☆氏の「天職論」

【この記事のキーワード】
ピクピクン☆先生、降臨!

ピクピクン☆先生、降臨!

 はじめまして。川寄ふうと申します。「自分にとって働くとはなんぞや?」ということについて考えつづけている者です。詳細は省きますが端的に申しますと、職にあぶれた経験が何度もあるからでございます。

 考えつづけた結果、社会の受け皿(つまり会社など)に無理に己を合わせて働くのではなく、自分で自分の受け皿を作り『仕事を創造』しながら働くことが今後の私には必要なんだ! という考えに至りました。

 こうなれば、あと私に必要なのは具体的な方法論です。まあ、そこがかなり重要なワケですが。自分で自分の受け皿を作りつつ食べていくだけの収入を確保するって、いったいどうやったらできるんでしょうかね? 誰か教えて! どなたかお手本にさせていただけるような方はいらっしゃらないかしら……と思っていたら、いらっしゃいました。えろ漫画家ピクピクン☆さんです。

オンリーワンのキャリア

 えろ漫画家ピクピクン☆(以下ピクピクン☆)さんは、エロティシズムあふれるブログやツイート内容からネットではよく「変態」などと評されていますが、とんでもない、と私は思います。

 己の性的な欲望から目をそらすことなく正直に向き合うには勇気と知性が必要であり、さらにそれらをユーモアを交えて文章に昇華するには高い語彙力とスキルがなければなりません。ピクピクン☆さんの言葉からは、誰も傷つけることのないようなやさしさや配慮も常にうかがえます。

 ピクピクン☆さんのお仕事は、エロ漫画家・年間10トン生産の米農家・ボーカル・舞台役者・「ハグ屋」……と多岐にわたり、以前は地元の消防団員も勤められていました。「ハグ屋」にてこれまでハグした老若男女の数は約6,000人。今年7月末で所属していた大手所属事務所を退職後、現在は個人で設立した新・ファンクラブをひっさげ、「全国ハグ屋ツアー」の真っ最中です。

 どうでしょう、自らの手による、これ以上ないほどの受け皿の創造っぷり。これからの日本に必要なのは、ピクピクン☆さんのようなキャリア構築だと、私は本気で思います。

 私はぜひ、ピクピクン☆さんにお話をうかがいたい、それも「職」をテーマにしたまじめな内容で、と考えました。ピクピクン☆さんならきっと固い話題でもまっすぐな回答をくださるはず。

 実際取材させていただいたところ、予想どおり、いや、それをはるかに凌ぐインテリジェンス&ウィットに富んだお話をうかがうことができました。取材は9月、ご実家での稲刈り直後、そして阿佐ヶ谷ロフトでの定期トークライブと1泊2日のファンクラブ旅行を控えた前日という、超ご多忙中に行われたのですが、ご本人にお疲れの様子はありません。射るような力強いまなざしが印象的です。

 騙されたと思って読んでみてください。ピクピクン☆さんのお言葉、めちゃくちゃ面白いです。

「天職」は作れるのか?

ーー雇用が不安定で、そもそも仕事の数自体が足りず、無職率もあがっている……というのが現状の日本において、ピクピクン☆さんはご自分の手で「唯一無二のキャリア」を「カスタムで」作ってらっしゃいます。本日はその唯一無二のキャリア、いわば「天職」をみずから作り出す秘訣などについて教えてください。

ピクピクン☆さん(以下、ピ)「天職といっていただいて、うれしいです。自分がやっていることが天職であるとは、自覚しております。いまの活動全部をやるために自分は生まれてきたと思っています。僕、生まれ持って末端神経が器用なんです。指や舌がよく動きます。たとえばクンニするときに、クリトリスをむいて、指をまんこの中に入れてあげて、やさしく円を描くように動かします」

ピクピクン☆先生

まずはクンニテクを披露!

「同時に舐めるんですが、僕は舌がイジリー岡田さんの2.5倍くらい速く動きます。クンニが上手いということは、絵も繊細に描けるということです。肉体的に漫画と女性に関することは元から天職なんだろうな、っていうのはありますね。

僕にとっては、ハグ屋も天職です。何事も、それをやるかどうかは『好きかどうか』という簡単な物差しで測って決めます。僕がやりたくてやってるだけだから、やることをやるだけでまさに天職になるわけです」

ーーおじいさまも絵を描くのがお好きだったんですよね?

1 2 3

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

ひらめき教室 「弱者」のための仕事論 (集英社新書)