恋愛・セックス

タコ壷進化は簡単だ!快感が倍増する「即席名器」のつくりかた

【この記事のキーワード】
meiki

自分で名器をDIYしちゃおう。

Photo by Dave Shafer from Flickr

タコより、イカ派です。そして、イカのさばきには自信があります。こんにちは、大根 蘭です。

 突然ですが、みなさんは名器の持ち主ですか? 私は過去に恋人から「数の子天井」と言われたことがあり、何だか誇らしく、「どうも~名器の持ち主です!」「名器が通りますよ~」と女子の間で名器であることを振りかざしていたこともありました。名器の種類などはあらゆるところで紹介されていますが“名器とは、ぺミスに快感を与えるマンコ(膣)である”と定義されていることは知っているものの、具体的にはどういうものがあるのか……、よく耳にする代表的な名器4つをざっと挙げてみます。

◆数の子天井

数の子に例えられている多くの粒状のものが膣壁にあり、男性が亀頭をこすりつけると昇天するような快感を得る。

◆ミミズ千匹

膣の中がうねうねと動くようにして男性を包み込む。絡みつくような刺激を与え、男性を快感に導く。

◆俵締め

膣の一部分で男性のアソコをぎゅっと締め付ける。膣口に強い締めつけがある二段締め、膣口と膣の途中に締めつけがある三段締めの2タイプがある。

◆タコ壷

膣全体で男性のアソコを締め付ける。男性曰く、吸い込まれそうな感じ。

 上記の説明を読んで思ったのですが、先天性の名器といわれているものは、上の3つ。とにもかくにも、相手を気持ちよくするにも、自分が気持ちよくなるためにも「messy」でも散々お伝えしてきている「膣トレ」が何よりも大事なんじゃないかと思います。キューっと締め付けることで、彼のティンコとの密着度が増してテンションは最高潮。お互いに快感を得やすくなるし、何より自分がセックスを楽しむために良いトレーニングだと思います。といいつつ、あれは「継続は力なり」で、効果を実感できるまで少々時間がかかります。そこで今回は、膣トレだけじゃなく、セックス中の刺激で即席名器をつくる方法をご紹介していきます。

愛撫を追加して即席名器

 ココに刺激を与えると、膣が収縮する! という場所があります。ひとつ目は「クリトリス」。クリで快感を得る方なら、挿入中にココを触れば膣内が勝手にキュッと収縮します。もうひとつは「乳首」。女性のカラダは、乳首に刺激があると子宮が勝手に収縮する仕組みになっているようです。自分で触ってもいいですが、彼と繋がったら、どちらかを一緒に触るなり舐めてもらうなり、刺激してもらいましょう。両方をおねだりでもいいんじゃないでしょうか。

クイック中締めで即席名器

 男性に聞く「名器とは?」の回答は、構造よりも「締まりがいい」「ぴたっと吸い付くような感覚」というもの。やっぱりフィット感が大事なようです。逆に「名チン」もサイズやカタさじゃなく、フィット感が重要だと思いませんか? そこで即席名器としてオススメの中締めは……挿入した彼の腰の動きに合わせて、膣をキュッと締めちゃう方法。これ、私も好きです。彼の動きのリズムに合わせながら自分の腰も動かしながらティンコが奥に入ってくる時に、腰を持ち上げながらキュッっと。無理にお尻に力を入れなくても、腰を軽く持ち上げることで自然とキュッとなると思います。これこそ、恥丘と恥丘で快感倍増。個人的に、ゆーっくりとした動きほど気持ちええです。

湯たんぽ状態で即席名器

 最後は、膣を締めるよりももっと簡単に名器を作る方法! 挿入中に男性から「中があったかい♪」なんて言葉を聞きますが、膣内の温度が上がっていると、湯たんぽにティンコが入っているような感覚でより一層気持ちがいいらしいです。カラスの行水である私のように、普段はさっさと浴槽を出てしまう方やシャワー派の方も、セックスの日だけは、のぼせない程度の温度でゆったりと湯船に浸かることで血流が上昇し、膣内も温まります。お手軽っ! しかも、血流を良くすることでイキやすくなるというんだから、なだれ込みセックスが多い方もセックス前の入浴を試してみてはいかがでしょう。

 膣を締めることを中心に話しておいてアレですが、ひとことで「名器」といっても、男性によっては(例えば早漏の方とかは)そんなに締め付けられるより、長く楽しみたいという方もいるでしょうし……結局は、その時の精神面や密着度や、お互いの形状、腰の動かし方などがピッタリ合っている状態が大切。愛液たっぷりでティンコを包み込む膣は、男性誰もが気持ちいいらしいので、「膣でキュッ!」も楽しみつつ、自分が1番感じる体位やリズムなどを見つけて、愛液大放出する方法を探してみてはいかがでしょう。

名器自慢しているような人は、とってもナンセンスだと思います。ここにいますね。はい、すみませんでした。

(大根 蘭)

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

SEX名器大解剖図鑑