カルチャー

【エロメン☆タイム】「すっごい…」シャイな有馬芳彦が、息を乱して、喘ぎ声連発でイク!

【この記事のキーワード】

【前編:自己中彼氏・有馬芳彦の可愛すぎる素顔に濡れる!

 【好きな人に思いを伝え、すべてわかり合えたら良いのに……。けれど現実はそんなに上手くいかない……。受け入れてもらえないかもしれない不安から、かっこつけて虚勢を張って強がってしまう】そんなテーマで描かれたSILK LABO作品 『素直になれない恋人たち 2nd season』。出演者は、お馴染みの一徹、有馬芳彦に加え、期待の新人エロメン東惣介! それぞれが主演を務めた3作が収録されているオムニバスドラマです。もちろんDMM.comにて視聴できますよ☆ 今回は有馬芳彦の『reverse』を見てイキましょう!

 合コンで知り合った持田コウタ(有馬芳彦)と田口ナルミ(碧しの)。2人は付き合っているような関係ではあるものの、コウタから一度も「好き」と言ったことはありません。その上コウタはとてつもなく冷たく、ナルミが肩をくっつけても、手を繋ごうとしても、キスしようとしても、何をするにも拒否されるのです。多くの時間を共にして、自分のタイミングでセックスするくせに、ですよ!

とにかく冷たい…

とにかく冷たい…

 そんなコウタに我慢の限界が来たナルミは「私のこと好きじゃないの?」と聞いたのですが、「知らん。そういうしつこいの嫌い」と吐き捨てられてしまいました。ナルミ号泣。すると、思いっきり動揺したコウタは、一生懸命絞り出したような声で伝え、「すー、すー、好きだって言ってんだろ!」「世界一。お前以外みんなゴミクズなんだよ!」とナルミにとって最高に嬉しい言葉を連発! 前回は、そんなコウタにテンションのあがったナルミからのキスを、コウタが初めてキスを受け入れたところまででしたね。では、続きをお楽しみくださいまし!

 ナルミのキスの嵐を受け入れながらも、コウタは相変わらず「昼間だぞ」なんて言い出します。するとナルミは、「やめないよ」「今までずっとコウタくんのペースに合わせて来たんだよ? 今日くらい私からしたいの」とコウタに覆いかぶさります。それでもコウタは拒否しないんですね~。口では「ちょ、床だぞここ」「くすぐったい」とか強がり続けるんですけど♡

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ