ゴシップ

MAX・NANA豪華ウェディング披露宴で、「消えた5人め」も復活!!

【この記事のキーワード】
MAX NANA公式ブログより

MAX NANA公式ブログより

 沖縄アクターズスクール出身のダンスミュージックグループ・MAXの、リーダーで最年長・NANAがこのほど、結婚披露宴を開いた。8日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)は、その模様を記事にし、「中田英寿の登場に会場が沸いた」と報じている。森三中の大島や村上、椿鬼奴、品川祐、ビビる大木とAKINA夫妻、三浦大知、上地雄輔、シルク姉さんなど芸能界の友人が多く来賓。乾杯の音頭は『THE夜もヒッパレ!』(日本テレビ系)でデビューまもないMAXに業界のイロハを伝授した中山秀征が務めたという。

 しかし同誌の記事に、解せない部分があった。「産休中のREINAも含め、MAXの4人が久々にそろったんです」というくだりだ。たしかに現在、MAXはREINAを除く三名で活動中。REINAは2011年11月に第一子、13年2月に第二子を出産し、16年11月現在も休業しているためだ。だが、MAXは4人だけだったか……? 結局、「週女」では一言も触れられなかったが、02年7月~08年8月と、丸6年にわたってメインボーカルとして活動したのに幻扱いされているメンバーがいる。MINAの産休に伴って新加入したAKIである。

 6年ものあいだMAXに在籍し、メインボーカルを務めるシングル曲も7枚リリースしているのに、ほとんど話題になることがないAKI。その当時はMAX冬の時代と言っても過言でないほどメディア露出が少なかったが、この扱いはいくらなんでも気の毒だ。

 一方、かつての同志であるNANAはブログで堂々とAKIを招いたこと、MINA、REINA、LINA、AKIの4人でヒット曲「一緒に…」を歌ってくれたことや、NANA含む5人での「Ride on time」を急遽踊ったことなどを綴っている。また、後輩にあたる元Folder5のAKINAもブログではこの日のパーティーについて記しており、「レイナさんやアキ姉ちゃんがいる!!このメンバーでの並びは初じゃないでしょうか。かなりレアです!!」と興奮を明らかにしていた。

 今年6月に放送された『しくじり先生 俺みたいになるな』(テレビ朝日系)に出演した際は、メンバー間での嫉妬や裏切りに基づくすれ違いで関係性が非常に悪い時期があったと告白したMAX。MINAの休業時、「友情より仕事より、自分だけの幸せ優先かよ」と感じた他メンバーは祝福できなかったといい、新加入したAKIへのいじめ問題も取り沙汰された。しかし時の流れはそれぞれを成長させ関係を修復することも出来る。「5人のMAX」はそれを象徴しているのかもしれない。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

MAXIMUM PERFECT BEST(CD3枚組+DVD)