恋愛・セックス

女性も「朝勃ち」するし、ジュワっちゃうこともある。朝濡れも気にしなくてOK!

【この記事のキーワード】
asadachi

Photo by Fashionby He from Flickr

 街中で聴こえはじめたマライア・キャリーのクリスマスソングが、寂しさに拍車をかけています。こんにちは、大根 蘭です。

オンナの朝もビンビン?

 以前、「クリは男性でいうところの亀頭そのもの」とお伝えしましたが、男性器と女性器が起こす生理現象でも、共通点があります。それは……「朝勃ち」! 「朝勃ち」という現象は男性特有のものだと認識している方もいらっしゃるではないでしょうか。驚くなかれ、クリもティンコ同様、元気に「朝勃ち」することがあるのです。

 しかし何故、男性の「朝勃ち」ほど女性は知られていないのでしょうか。女性の場合、勃起時のクリの膨張がそれほど大きくないため、男性がティンコの勃起時に感じるような圧迫感もなく、クリが勃起していること自体を自覚している人が少ないそうです。男子同士の「朝勃ちしちゃってさぁ~」なんて会話を聞いて、(エロい夢見てたんだろっ!)とか(エロいことばっか考えてっからだよ!)なんて思っている女性の方! アナタも気付いていないだけで、勃ってますから!  

 男性の「朝勃ち」については、いくつかの仮説があり「睡眠中に膀胱に尿が溜まって前立腺を圧迫し、その刺激によって起こるもの」と言われていました。男性自身も排尿により、萎えたり落ち着くことから納得していたのかもしれません。が、研究が繰り返された結果、今では男女共に同じメカニズムの現象だという説が有力のようです。

睡眠中に脳から勃起司令?

 では、男女ともに起きる「朝勃ち」現象のナゼ? ですが、ご存じのとおり人間は睡眠時に、深い眠りの「ノンレム睡眠」と、浅い眠りの「レム睡眠」を交互にくり返しています。「朝勃ち」は、レム睡眠下で起こる現象。カラダは深く眠っているのに、脳が活発に動いているため、副交感神経(疲れたカラダを回復させる神経)を刺激しているそうです。この副交感神経から脳への司令によって、「朝勃ち」が起きるというわけ。

 脳からの司令とはいえ、なぜ勃起をさせるんだ? に関しては、男女ともにちゃんと解明されていないようで、仮説ではありますが男性の場合「朝勃ち」を繰り返すことによって、柔軟性を養い、さらに血流を上げることでティンコに新鮮な酸素を送り、健康を維持していつでも勃起できるような訓練をしているのでは? と言われているようです。カラダが休んでいる時でも、ティンコのトレーニングとメンテナンス、ストレス解消をしてくれていると考えられているようです。(長い人で最長2時間続くんだそうですよ!)

1 2

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

免疫力を高める「副交感神経」健康法