連載

“下心”で恋に落ちる・紗倉まなだからこそ「セックスは恋愛/結婚の安心要素にはならないと思う」

【この記事のキーワード】
manachan1114

んぎゃわいいいいい!!!

10月17日に発売された『AERA』(朝日新聞出版)セックス特集号に、こんな考察が掲載されていました。

“今の二十代女子は、『早くいい男をゲットして結婚ができるように、セックスをその武器として好きになってこなしておかなければ大変なことになる』と思っているのではないか”

……ほんとかよ、って感じですし、セックスが好きな理由にこんな肉付けする人って、私の周りでは見たことも聞いたこともなくて、ちょっと不思議に思ったのです。セックスが好きな理由って、そんなに複雑なのでしょうか。

そこで、『私はどうしてセックスが好きなんだろう』なんて考えてみました。でも、嫌いな理由は見つけやすいけど、好きな理由を見つけるのって案外難しいんですよね。人を好きになって「どうして?」って聞かれるのと同じくらい、答えに悩んでしまうのです。気持ちいいから? 愛情を感じるから? 寂しさを身体で埋め合わせることで、自分自身を保つことができるから? ……うん、どれも当てはまる。でも、明確な何かのためにセックスに勤しんでいるわけでもないのだから、結果、やっぱり生まれ持ってそういう行為が好きなんだろうな、という一点に集約されてしまいました。

世間一般の方には、AVという仕事を選んでいる時点で「いわずもがなセックス好きでしょ!」と思われていることでしょう。確かに私は、男性との繊細な肌や唇の接触に安心感を覚えるし、刺激的な「お酒で酔っ払ってワンナイトラブ☆」みたいな破天荒な身体の重ね合わせ方も好きだし、そもそもセックスは息を吸うのと同じくらいに身体に馴染んでいることだから、仕事にもその自分の性質や気質を抵抗なく当てはめられるのだろうな、と思っています。

私の男友達は、実際にセックスするよりも、好きなタイミングでオナニーをするほうがいいっていう、今時の『セックスに対して意欲がない草食系男子(それでも男かよ! って一番悲しくなるやつ)』が多いし、私の一番の親友(23才女性)に限っては「自分で自分の裸を見るのすら嫌だから、お風呂も電気を消して入っているよ」と言うくらい、裸でいることに抵抗があるようで、やっぱり驚いたりします。『人に裸を見られるのが恥ずかしい』ではなく、『自分で見ることすら嫌』とは。体重が増えたり、身体に自信がない時に鏡を見たくないっていう気持ちは、私にも頻繁に芽生えることだから決して理解できないことではないけど、それが“セックス”という人類に共通する生物学的な行為であっても、必ずしも誰もが好きではない、という事実がそこにあるんだと気付かされます。同時に「つくづく天職だなぁ」とも思うんですけどね。

1 2 3

紗倉まな

高等専門学校の土木科出身。18歳の誕生日の翌日に事務所に応募し、所属が決定。2011年にイメージビデオデビュー、翌年2月にAVデビューするや否や人気沸騰! SOD大賞2012では最優秀女優賞、優秀女優賞、最優秀セル作品賞、最優秀ノンパッケージ作品賞などなどを総なめで6冠を達成する。『ゴッドタン』キス我慢選手権でも「かわいすぎる」と話題☆

紗倉まなの工場萌え日記

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

MANA~紗倉まなスタイルブック