連載

動物たちがクリを刺激する! バイブバー発“ビギナー向け二股バイブ”

【この記事のキーワード】

wildone_top

ラブバイブ

 連載の第一回目で、日本のメーカーさんのバイブの多くが挿入する竿部分とクリトリスを刺激するクリバイブ部分が二股に分かれているタイプが標準仕様となっている、というお話を書きました。

 そして、何故かクリバイブ部分ってうさぎを模しているものが多いんですね。何故うさぎが多いのでしょうか。耳が長いからクリを刺激しやすいとか? とはいえ、そうでもないんです。クリトリスの位置は複雑な形状の女性器の中でもかなり個人差があるので、実はジャストミートしづらい。しげしげ眺めて、さらに考察してみたのですが、考え過ぎてわからなくなったので、直感力を信じることにします。かのブルース・リーも言ってるじゃないですか。「考えるな、感じろ」と。そこで閃いたのは、単純にキュートなんですよね。そうそう、『messy』でもお馴染み、バイブの女王・桃子さんがおっしゃっていた「ウサギは性欲の象徴。年中発情期だから」という言葉もとても説得力があります。

 さて、前置きが長くなりました(笑)。とにかく、うさぎさんバイブは可愛い。ちょっとぐらい不細工な作りになっても、それはそれで可愛い。Animal is Cute♡ でも、うさぎ以外にもまだまだ可愛い動物っていっぱいいるよな~。と思って生まれたのがこの『ラブバイブ』なんです。そう、バイブバー発なんですよ。

『ラブバイブ』

『ラブバイブ』

 ありそうでなかったパンダさん、ゾウさん、ペンギンさん、アシカさん、リスさんがクリを刺激しちゃう。しかもカラフルなビタミンカラーでファンシー・ファンキー・ベイビーズ♡ バイブを横に倒すとわかるのですが、動物たちがちょっと前傾姿勢をとっているところにこだわりがあるんです。もうちょっと背筋がピンとしていたら途端に魅力が半減しちゃうし、実用面でもクリを刺激しづらくなるのです。クリバイブの角度で造形の雰囲気が変わるなんて、大人のおもちゃってやっぱり面白いですよね。

 コントローラーはスライドスイッチ式で操作は簡単な上に、竿とクリのスイッチが分かれているので別々に動かすことも可能。さらに、こんなにキュートな見た目なのに、亀頭部分はそこそこな太さがあるので、膣に挿れるとたっぷり感を味わえます。バイブビギナーさん向けに作られたのですが、初心者の方でも手に取りやすいスティックタイプにしなかったのは、バイブの良さを知って欲しかったからです。

 ……と、今回は何だか宣伝めいた内容になってしまいましたが、ダメ押しでさらにもうひと宣伝。価格がプチプラで懐にも優しいところもビギナー向けなんですよ。ぜひお好みのキュートな子とイチャイチャしてくださいね。バーでの一番人気は“ドングリを持ったリスさん”。ドングリでクリを刺激するなんて……シャレ者ですね。もし「こういう動物があったらいいんじゃない?」というアイディアがありましたら、バーのバイブコンシェルジュにお声掛けを♡

(文責/ワイルドワン広報・内山)

「messyを見た」でプレゼント!

「messyを見た」でプレゼント!

当連載を読んで興味を持たれた方は、見て、触れて、動かすことが可能な渋谷のバイブバーへいらしてくださいね。スタッフも運営も全員女性なので安心です。こだわりの内装と350本以上のバイブ、国内外から集めた大人のおもちゃが展示されています。「messyを見た」と言っていただければ「スティックローター」をプレゼントいたします!

THE VIBE BAR WILD ONE(ザ・バイブバー・ワイルドワン)

住所:東京都渋谷区道玄坂2-7-4 3F
電話番号
03-5456-1100 (月~土 PM17:00~PM24:00)VIBEBAR
03-3477-0800 (月~金 AM9:00~PM17:00) VIBEBAR 事務局
メール:info@vibebar.jp
定休日:日曜・祝祭日
営業時間:17:00~24:00
※入店受付は閉店時間の45分前までとなります
最寄り駅:JR渋谷駅・ハチ公口より徒歩3分
京王井の頭線渋谷駅・西口より徒歩1分

ワイルドワン広報/内山

都内8店舗、海外3店舗展開する老舗アダルトグッズショップワイルドワンと、渋谷にある女性、カップルのためのセクシャルコンセプトバーTHE VIBE BAR WILD ONEの広報を担当。某エロ系出版社にて編集業を経て、現職。エロ業界の裏方としてあっという間に四半世紀経ってしまいました。

twitter:@VIBEBAR_wildone

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

ラブバイブ パンダ