恋愛・セックス

寝起き3時間以内の「朝セックス」は夜中の数倍気持ちいい!

【この記事のキーワード】
morningsex

Photo by DiegoJ. Ramirez from Flickr

今月から生理用品を月経カップに変えました。抜き差しには慣れが必要ですがオススメです。こんにちは、大根 蘭です。

 早寝早起きして運動や読書など、出勤前の時間を有効活用する「朝活」が流行りましたね。朝の合コン「朝合コン」をしている人もいるとか……その朝の出会いで気になる人がいた場合、確実にその日は仕事になりませんね。さて、私は運動や読書のために早起きをしたことはありませんが「朝セックス」は大好きなのですっ!

気持ちいいだけじゃない「朝セックス」

 朝セックスで相手に「昨日の夜より締まりがいい」と言われたことがありますが、何よりも「朝セックス」の時はいつもに増して感度がいいと自分でも気付いております。ただ、これは私だけでなくちゃんと理由があるようです。目覚めてから3時間の間に多く分泌される「ノルアドレナリン」という脳内ホルモンが、セックスでは性的な気分を高める働きがあるらしいです。その他にも、「朝セックス」を推奨したい理由がいくつかあるのでお伝えします!

◆性欲ピークは起床時

 筋肉、低い声、性欲など、男性らしさを作っている、男性ホルモンの代表「テストステロン」。これは男性だけでなく女性にも分泌し、性欲を強める効果のあるホルモン。この「テストステロン」は時間の経過とともに低下してしまうようで、一番多く分泌されるピークは、男女ともに起床時なんですって!

◆ストレス解放&穏やかな1日のはじまり

 好きな人と皮膚が触れ合うと、男女ともに脳内で分泌されるのは「オキシトシン」。自然と相手への愛情や信頼感を高めてくれることから、別名「愛情ホルモン」と呼ばれているほど。ストレスを解消&精神を安定させる効果もあるので、朝セックスでストレスをリセットして、安定した1日を過ごせます。

◆ダイエットに最適

 軽いトレーニングは、朝の空腹時に行うことで蓄えてあった脂肪を燃やすため、ダイエットにオススメされていますが、これは朝セックスにも同じことがいえるそう。空腹時の朝セックスは体脂肪に直接アタック!

1 2

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

Tarzan(ターザン) 2016年 8月25日号 性(SEX)学