ゴシップ

お金も名誉も手に入れたバナナマン設楽は孤独か? 親友・日村の存在感

【この記事のキーワード】
ホリプロコム オフィシャルウェブサイトより

ホリプロコム オフィシャルウェブサイより

 劇場でカルト的人気を誇っていたバナナマンも、今やすっかりテレビに引っ張りだこの売れっ子タレントになった。当時を知る人としては、まさかバナナマンがこんな地位になるとは想像もできなかったことだろう。特にコンビのブレーンである設楽統は、主婦層に向けられた情報番組を帯で任されてしまっているほど(『ノンストップ!』フジテレビ系)。真に実力のある芸人が確かな地位を築くことは嬉しい限りなのだが、「設楽って何が楽しくて今生きているのだろうか?」と、ふと要らぬ心配をしてしまう昔ながらのファンもいる……筆者がその一人だ。

 現在、設楽のレギュラー番組は『ノンストップ!』『クレイジージャーニー』(TBS系)というピンの仕事に加え、フジテレビ系で『奇跡体験!アンビリバボー』『モシモノふたり~タレントが“おためし同居生活”してみました~』『そんなバカなマン』を、TBS系で『珍種目No.1は誰だ!? ピラミッド・ダービー』『ジョブチューン~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』を、日本テレビ系で『沸騰ワード10』を、テレビ東京系で『Youは何しに日本へ?』『乃木坂工事中』を、NHKで『バナナ♪ゼロミュージック』を、東海テレビで『オトナ養成所 バナナスクール』をしている。さらにTBSラジオ『金曜JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD』やテレ朝動画『バナナTV』にも出演。

 仕事面では、おぎやはぎ、劇団ひとり、ブラックマヨネーズ、アンタッチャブル、アンジャッシュ、土田晃之など次の時代を背負う芸人がゴロゴロいる実力派の同世代の中でも、頭1つ、いや2つ以上抜きんでた存在になっているといえよう。

 若手の頃から際立った存在ではあったバナナマン。ラーメンズと並ぶシュールなコント師とも言われるが、そのラーメンズもバナナマンの影響を公言するほどだ。ボケとツッコミという明確な役割を登場人物に持たせないことで、日常を演じながら笑いを生み出すという手法は、コントの枠組みを変えたといっても過言ではない。トレンディエンジェル、しずる、ラブレターズ、うしろシティ、おかずクラブ、ライスなど事務所問わず多くの若手芸人も尊敬と影響を口にしている。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

bananaman live 腹黒の生意気 DVD