ゴシップ

星野源の魅力は「どう考えてもニュータイプ」、童貞風ルックスと有能ぶりのギャップ

【この記事のキーワード】
星野源 オフィシャルサイトより

星野源 オフィシャルサイトより

 10月から放送開始されたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で一躍大ブレイクを果たした俳優・シンガーソングライターの星野源。今や日本中の女子が最も熱狂している芸能人の一人だが、その魅力がいまいち理解できない男性陣の声も目立つ。「全然イケメンじゃないのに」「モテる理由がわからん…」と頭を抱える男性たちに聞いて欲しいことがある。いやいや、薄い顔(塩顔)はモテるのだ。小さい目でもモテるのだ。背が高くなくても全体のバランスが良いから問題などないのだ。なにより、星野にはルックス以外にモテて然るべき理由がある。

 まず、星野の華々しい交際遍歴を振り返ってみる。最も有名なのが、もはや大御所と呼んでいいレベルのベテランでありながら若々しさを失わない恋愛楽曲の名手・aikoとの熱愛だろう。二人の交際が発覚したのは2011年で、aikoの自宅マンションに星野が訪れていたことが報じられ、仲睦まじく外出している姿も激写されていた。いつしか破局を迎えていたようで、昨年10月には女優・モデルの二階堂ふみとの熱愛が発覚。映画『地獄でなぜ悪い』の共演で知り合い、その後ウェブ動画での再共演がきっかけで交際を始めたようなのだが、13歳年下の人気女優をあっさり落としてしまうあたり、さすがのモテっぷりだ。そのほか、女優の夏帆との仲が噂されたこともあった。ちなみに二階堂ふみの元カレは新井浩文、その新井は現在は夏帆と“結婚秒読み”という、内輪でグールグルな関係性も面白い。

 ドラマ『逃げ恥』では童貞役だし、主演映画『箱入り息子の恋』でも童貞役だった星野源。いわゆる童貞顔をしている、あるいは童貞役にハマる空気感を醸しだしているということになるが、そのイメージと裏腹に明るく付き合いやすい実像が見えてくる。さらに、あらためてそのスペックを分析してみれば、モテるべくしてモテていることが分かる。

1 2

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

蘇える変態