連載

加減が難しい「セックス中の会話問題」の救世主“報告系トーク術”とは?

【この記事のキーワード】

asukatitle001

以前、女性の喘ぎ声に関する記事を書かせていただきました。女性によってさまざまですが、終始ほんの少~し吐息が漏れるだけ、かつ一切動かない「無言冷凍マグロちゃん」に出会うことがあります。

「緊張しちゃって声が出せなかったの」なんて理由を後から聞いたら萌えるのですが……セックスは2人で楽しむものなので、できれば喘ぎ声だって聞きたいし、もっと言えばちょっとした会話や言葉を織り交ぜたいと感じるのは私だけじゃないはずです。

Photo by Astera Schneeweisz from Flickr

Photo by Astera Schneeweisz from Flickr

しかし、セックス中の会話については「難しい」という声もちらほら。会話しすぎるとエッチな気分が薄れてしまったり、笑っちゃって相手の気分を盛り下げるのでは? と気にしている人が多いようですね。

そこでオススメなのが「報告系トーク術」。今の自分の体の状況を相手に実況するのです。

・触られてる部分が“どんな風に気持ち良いのか”を伝える
・アソコの濡れ具合
・どのくらい気持ち良くなっているか
・触られている部分が気持ち良かったら「もっと続けて♡」などのおねだり
・あとどのくらい、どこをどうされたいか

などなど。実況ならば、慣れるまでは恥ずかしいですが、難しくはないはず! なるべく吐息混じりの声で伝えるのがポイントです。

私事ですが……。最近は年下マイブームも過ぎ去り、もっぱら年上のアラフォー、アラフィフの方々にソソられるようになりました。特に、経験を積んで生まれた自信の中に、見え隠れする“デリケートでナイーブな男心”みたいなものが愛おしく感じるのです。しかし、年上男性とは、なかなか勢いだけではセックスできません。そんな時こそ、今回ご紹介した「報告系トーク術」は有効活用できちゃう優れ技なのです♡ 男性いわく、「セックス中の女性の声かけで、勃起率や持続時間、回数までも変わる」のだとか! 自分がさらに気持ち良くなるためにも、ぜひ試してみてくださいね☆

谷川明日香

芸能経験を経てライフスタイル、美容の会社を設立。モテ男育成や婚活講座の講師や男性用コスメ「オールインワンメンズケア」をプロデュース。TVなどメディアでバイセクシャルをカミングアウトしている。

@t_asuka

Lagrangeオールインワンメンズケア

公式ブログ

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

絶妙な「報・連・相」の技術 (アスカビジネス)